川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

本日の最新ニュース

無料レポートを作成しました。  ⇒  不動産投資家の私が実践している、自己資金を作るコツ

よろしければ、お試しください。

銀行様から投資信託営業

銀行様よりご融資を頂く際には、
普段の「お付き合い」も重要と
いう話は良く聞きます。


お付き合いとは具体的に何か?

例えば以下のような商品や取引を
通じて、銀行様に収益をもたらす
事です。


・預金
・定期預金
・積立預金
・各種口座引き落とし
・クレジットカード
・保険
 etc


銀行様も昨今の低金利で収益機会が
失われ経営も大変なご様子。

また、各担当レベルには厳しい
ノルマも課されている事でしょう。



「海老で鯛を釣る」


と言っては露骨ですが、普段からのご協力
を行う事で、担当の心象面にも若干の
違いもあるでしょう。

稟議書のネタにも使ってもらい
「当行の重要顧客である」
なんて書いてもらえれば・・・。

そんなスケベ心を持ってしまいます。


ちょっと前置きが長くなりましたね。


実は最近、銀行様より投資信託の
営業を受けました。

営業を受けたからには答えるのが
仁義だろうと思い、対面での
商品説明を受けてきました。



商品説明は元証券マンのおじ様。
まぁ、しゃべるしゃべる。

ドル円相場は今後●●。
原油は●●円あたりが居心地よい。
アメリカのリートは今安い。


自らの分析を織り交ぜながら、
今後の市況をポンポンぶっこんで
きます。



「だから私はこの商品をお勧めします」

という力強い言葉と共に出てきたのが

「毎月分配型のUSリート」

これを毎月一定額購入し、毎月の分配金は
そのまま再投資に回して、口数を増やす事
がお勧めだとか。



思わず椅子から落ちそうになりました(笑)。

5a24e953a72db0d5034680b5762bb2c9_s









・手数料が高い
・信託報酬も高い
・そもそも毎月分配で効率悪い


もうねぇ・・・。
複利効果で資産を増やす気ないでしょ?
毎月税金払いたいの??



そりゃね、ノーロードのインデックス型の
投信では手数料収入は微々たるものですか
ら手数料の高いアクティブ投信を売りたい
のは良くわかります。

毎月分配型が売りやすいのもわかります。



でもね・・・。

どう見ても俺向きじゃない!!




思えば、今回初めて証券マンから
商品の対面営業を受けました。

池上彰さんかと思うような明快?な
経済動向を絡めつつ、怒涛の口激を受ける
とお客さんはその気になるのかな?



そもそも投資信託は「長期的な資産形成」
が目的では無いのでしょうか?

ブル/ベアファンドとか、マニアックなも
のは別ですが、短期の上げ下げ気にする
なら、株でも債券でも、直接買った方が
イイでしょう。

せめてETFですよね。


それに対し、目先1~2年の相場動向を
語り「今安いから買いましょう」という
方向に持って行くのは違和感を感じました。


まぁ、「目先の下落」に銀行さんはすごく
敏感になっている様子は見て取れましたし、
実際顧客からのクレームも多いのでしょう。

その点は同情します。



その他にも、

定期預金では儲からない⇒だから投資

という短絡的なトークもねぇ・・・。



そもそも投資に回すべきなのか?
回すならどの程度か?
どのアセットクラスに回すべきか?



全体を考えないとダメだと思いますが、
そんな面倒な事、銀行さんも顧客も
望んじゃいないのでしょうね。


顧客のレベルに合わせた結果、
それに応じた売り方のスタイルに
なっちゃうのかもしれませんね。


やっぱり、小さなころからの
お金の教育って、ある程度必要じゃ
ないのかなぁ・・・。



少々文書が長くなりましたね。


銀行の投信販売について、イロイロと
思う所を書いてきましたが、今回の私の
目的は少し違います。

資産形成も重要ですが、主な目的は
「お・付・き・合・い」。



投資信託積み立てるから、今度は俺様ファ
ンドの「不動産賃貸業に融資してね」って
事です。



正直、お勧め頂いた投資信託は
普通なら絶対買わない代物です。

毎月3%近い売買手数料払うのは嫌ですが、
交際費と思って割り切るか?

そもそも、毎月1万円程度の積み立てでは
お付き合いとしての意味すらないのか?

でも、やらないよりやった方が
よさそうだし・・・。


気が弱いので、結局買うんだろうなぁ・・・。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ





コインランドリーの波

4月になったので、最新の確定申告書を
持って銀行さん挨拶まわりをしています。

申告書をネタに、融資動向から近所の話ま
で小一時間雑談をするのですが、今年は
なぜかコインランドリーの話を聞かれます。

しかも、全く違うエリアの違う銀行で。


銀行さんにとって、コインランドリー
オーナーはまだまだ珍しい存在のようです。

しかし最近のコインランドリーブームで、
地主や地場の社長さんから、話が来るので
しょう。


そんな時、知り合いにランドリーオーナー
を探すと・・・。

私の事が頭に浮かぶようです。


不動産ではなく「ランドリーの川崎大家」
という妙な状況になっているのかもしれま
せんね。



3行挨拶周りをして、3行ともランドリー
開業希望者の話を聞くのは、単なる偶然とは
思えません。

それほどまでにランドリーは今「祭り」
なんですね。

c87596132abe4345f990fd9a8b5d7de3_s










ただ一つ感じたのは、ランドリー向け融資
は保守的な印象であった事です。

銀行さんはランドリーに関する経験や知識
があまり無さそうな感じで、新規開業に対す
る融資はハードルが高いようですね。

純粋な「事業性融資」なので、事業計画で
判断をされるのですが、おそらく前例や
類似事例が少ないのでしょう。

融資経験のある支店もあるはずなので、
そこにあたれば話は違うでしょうが・・・。


融資をうけるなら、公庫の方がハードルは
低いのかもしれませんね。

もしくは、保証協会付融資とか?



銀行さんでランドリーの話をすると、
「新規店舗はお考えですか?」
と良く聞かれます。

答えはNOです。


これ以上新規に開店させるつもりは
今の所ありません。

よほどの立地が見つかれば別ですが、
私は一店でいいかなぁ。



よく、「せっかくなら複数店舗持ちたい」
なんて話をする人がいますがピンときませ
ん。

複数店舗を持つ事で、一店の成績が悪くて
も他の店でカバーできますよなんて提案も
されますが・・・。

私にとってのカバー先は、不動産であり
太陽光です。

ランドリーのカバーをランドリーで行うつ
もりはありませんね。

やっぱ怖いですよ、ランドリーは。



そういえば、コインパーキングも同じ提案
をされるなぁ。
決まり文句なんですかね。

失敗は一カ所でもう沢山です!!



幸いなことに、私の店の周辺には
新たなライバル店はできておりません。

でも、他のランドリーオーナー達の周辺で
はライバル店登場の話を良く聞きます。

私が不動産セミナーを行えば、決まって
ランドリーの話を質問されます。

銀行に行けば、希望者の話を聞きます。


皆さんランドリーに興味アリアリの
ようですね。

ライバル登場もそう遠くないのかも
しれません。



真綿で首を絞められているような、
ジリジリとした恐怖を感じます。


いや~、ブームになると怖いですね。


今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ




改めて空室対策を考る

繁忙期が終わりましたが
空室うまってますか?

先日おこがましくも「空室対策」について
セミナー講師をさせて頂きました。

これまでの経験を踏まえ、自分なりに
効果があったものについてお話しましたが、
改めて考えさせられる事もありました。


大家さんを始めた頃は、先輩方のノウハウを
片っ端から試しました。

地道に業者さんに営業したり、まめに電話
したり。
部屋に説明POPもよく張っていましたね。


でも、今は・・・。

「広告費UPでスパッと解決」

という、一番安易な方法が
多くなりました(笑)。


正直な所「メンドクセー」なんですね。
db792fbbfb68b49052dcf3e3823ce950_s











ウブだった私も、すっかりスレた大家に
なり下がってしまいました。



部屋にPOPとか大家の手紙。
一時期流行りました。
私もやっていました。

手法自体否定はしませんし、やらないより
やった方が良いでしょう。

でもね・・・。

結局あれは、「内見が無いと意味がない」
方策なんですよね。

かける労力の割に効果が少ないと
感じております。



悪くても、内見が3件あれば部屋は
決まります。

逆に言えば、内見数を増やしさえすれば
部屋は決まるわけで、そこに注力が必要で
す。


その点POPはどうなのかな・・・。
「大家頑張ってます」
と管理会社さんが感じてくれれば、
間接的に意味があるかもしれませんね。



では、どうすれば内見数は増えるのか?


綺麗な部屋、適正家賃は当然で、
「仲介さんが連れてきたい」
と思うか否かです。



では、どうすれば連れてきたいと思うか?


オーナーとの人間関係。
決めやすい部屋。
金銭的メリット。
等‥。

これらの総得点が高い部屋でしょう。



管理会社さんと飲んで人間関係構築
をする方もいらっしゃいますね。
一緒に遊びに行くとか。

でも、これができるのは限られた
方々でしょう。

そもそも酒に弱く、人見知りな私には
ハードルが高過ぎます。



では、決まりやすい部屋とは?

部屋のグレードに対し、家賃が安い部屋
という事です。

ここはやらなきゃダメですね。
というか、運営の肝になる所なので
当たり前の部分です。

当然みんなやってますよね?



となると、残されたのは
「金銭的メリット」


広告費を上乗せして・・・。


と、ここに行きつきます。



一番確実で、目に見えて、すぐにできる
方策。
安易と言われればそれまでですが、
部屋がうまればそれでよいのです。

金をかけずに工夫をする、
大家が駆けずり回るのが
エライわけではありません。



とは言え、入居付けが弱い物件は、
私も業者さん訪問営業をやります。

資料をFAXで流すだけでは、
業者さんは見てくれません。


FAXした後でオーナーが訪問し、
広告費のメリット等について説明すると
初めて理解してくれる事が多いですね。


金・金言いましたが、やっぱり「人」が
ちゃんと会って話をしないと、
金も生きないわけです。



まぁ最近は、仲介訪問営業のついでに、
売り物件情報の収集や、ラーメン食べ歩き
を行ったりするので、どちらが目的か
わからなくなっていますが(笑)。


一応専業大家なので、泥臭い事も
やらないとダメですね。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ





メルマガ登録
メルマガ登録

川崎大家メルマガへの登録は
こちらからお願いします

人気ブログランキング
ブログ村
お問い合わせ
問い合わせ


質問・相談
お気軽にお送りください

当サイトはリンクフリーです
twitter
不動産業者さん
info_zero
  • ライブドアブログ