今回白蟻の防虫処理を行ったため、業者さんとお話をする機会がありました。

そこで得られた白蟻についての知識について書きたいと思います。


<羽蟻の発生時期>

賃貸住宅で白蟻に気がつく理由のベスト1は「羽蟻の発生」だそうです。

ある日、部屋の一角から大量の羽蟻が発生。
驚いた入居者さんが管理会社に連絡。
調査の結果白蟻の被害が発覚。

これが良くあるストーリーです。

そもそも「羽蟻が出る」ということは、既に大量の白蟻が増えていて、その場所ではこれ以上群れを大きくすることが出来なくなり新天地を求めている証拠です。

既に大きな食害が出ている事が多いとか。

この「羽蟻の発生」ですが、決まってGW頃に発生するそうです。

逆に言えば、GW頃以外に羽蟻が発生した場合には、白蟻ではなくただのアリです。
気持ちは悪いですが、建物への影響は無いため一安心ですね。

ちなみに今年は猛暑だったため、夏に羽蟻の通報が多くあったそうです。


<敷地に土が無くても白蟻は来る>

物件の敷地内は全てコンクリートで固められ、土は一切ありません。
建物から敷地の外までは3m程度あります。

しかし、白蟻の被害後がありました。

ベタ基礎で、建物の下もコンクリートで固められていれば別ですが、敷地内がコンクリートで覆われていても、白蟻にとっては全く関係ないそうです。


<アメリカカイザイシロアリ>

輸入家具などについて日本に入ってきた外来種です。
乾燥に強く、床下ではなく2階、3階を含め家中を食い荒らす強敵です。

駆除方法は「一軒丸ごと覆って薬を燻す」しかなく、2週間程度家に入れなくなるとか。

恐ろしいですね。

ちなみに、神奈川県内での被害報告はまだ少なく、鶴見区の一部と川崎区の一部で被害が報告されているそうです。


<白蟻のサイン>

ポイントは「室内の微量の土」です。

「掃除したはずなのにいつも同じ場所に微量の土がある」

こんな場合は白蟻がいる可能性が非常に高いそうです。

すぐに気がつきそうなものですが、入居者さんは意外と気がつかない事が多いそうです。


<白蟻のねらい目>

湿気を好むため、浴室や洗面所、台所が狙われる事はご存知の方も多いと思いますが、実は「玄関の板」が最も狙われやすいそうです。

ちょうど靴を脱ぐところの先にある板です。

この板の下面は直接土に触れているため、白蟻の格好の餌場になります。


物件購入時の内見の時にも、少し役にたちそうですね。

------------------------------

■私が参加するお薦めセミナー

☆絶対物件購入セミナー2010☆
~投資スタイルを確立せよ!!~

11月14日(日) 10:00~17:00

http://www.infotop.jp/click.php?aid=181756&iid=39989

新築vs中古vs地方高利回り?
あなたには、どのような投資スタイルが合っているのか?
あなたは何のために不動産を買うのですか?

こんな疑問をお持ちでは無いですか?

私はこれまで地方のボロ物件を買ってきましたが、今後の投資スタイルについて正直なところ迷いがあります。

そんな迷いの一助となりそうなセミナーであったため、早速申し込みをしてみました。

気になる講師陣も、武蔵コーポレーションの社長の大谷さんや、サラリーマン投資家として有名なあかちゃんこと赤井さんなど、豪華な顔ぶれです。

講師陣とのセミナー終了後の懇親会も盛り上がり間違いなし!!

なお、私は聴衆として参加いたします(笑)。

よろしければ、ご一緒に如何ですか?