川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

2020年08月

あつまれどうぶつの森、通称「あつ森」をご存じでしょうか。
任天堂スイッチの大人気ゲームなので、実際にプレイをしている方も多い事と思います。
我が家でも4月以降子供たちと私がすっかりはまり、日々島での生活を楽しんでおります。

ゲームの中で物を買ったり、工事をしたりする際にはお金がかかります。
お金は、魚を釣る、虫を採る、果物や貝殻を集める等を行い、採った物を売却する事で得られます。
狩猟生活ですね。

ただ、手間と時間がかかる割に得られるお金は少なく、効率は悪いです。

もう一つ、お金を得る方法として「かぶ」があります。

かぶと言っても、食べられる野菜のかぶです。
かぶは日曜日の午前中のみ購入する事ができ、月曜日以降は売却のみ可能です。
午前と午後に値段が変わり、価格は日々動きます。
そして、次の日曜日までかぶを持っていると、そのかぶは腐り商品価値が無くなります。
つまり、購入したかぶは一週間以内に売却を行う事が必要で、タイミングにより譲渡益あるいは譲渡損を得るアイテムです。

大きく値段が動く事もアリ、運が良ければ投資額の4倍程度になる事も。
労力をかけずに一気にお金を稼ぐことができます。
実際の「株」を意識した面白い仕組みですね。

当初は魚釣りに興じていた子供たちも、かぶの存在を知ると毎週購入するように。
「今日のかぶ価はいくらだった?」
という会話が我が家の日常になりました。

かぶの買い方や売り方にもそれぞれ個性が出ます。

慎重派の兄は購入額も控えめ。
少しの値上り、値下がりですぐに売ってしまいます。
損が大嫌いのようで、リスクをとりたがりません。
投資好きな親としては、なんだか歯がゆい思いです。

一方の下の娘は、有り金はたいてドーンと購入。
ただ、少し値下がりするとスパッと損切り。
値上がりをした時には一度に売らず、高値を追いながら少しづつ売却。
彼女はかぶで大きく資産を増やしています。
こりゃ将来有望かもしれませんね。

子供達は小学生ですから、もちろん「株」の経験はありません。
流石の私も、子供たちへの投資の英才教育はまだ行っておりません(笑)。

持って生まれた本能のまま、彼らはあつ森の「かぶ」と付き合っています。

株がうまい人、下手な人。
投資がうまい人、下手な人、やらない人。

大人になるまでの投資に関する教育機会が、これらをわけると思われがちですが、持って生まれた性格の方が大きいのかなと、子供たちを見ていて感じます。
「三つ子の魂百まで」
人の性格はそう簡単には変わりません。
持って生まれた向き・不向きは仕方が無いのかもしれませんね。
ただ、それを補う、あるいは伸ばすためにも、投資教育は必要だと思います。

あつ森は所詮ゲームです。
でも、知らず知らずのうちに、投資の不確実性、損切りの重要性、労働と投資の効率性の違いなど、子供たちは学んでいるのかもしれません。

魚釣りだけで橋を作るお金を貯めようとしたら、どれだけ時間がかかるか・・・。
子供達は途方に暮れていましたが、株で儲けてさっさと作っていましたからね。
「かぶスゲ~」って言ってました。

また、かぶ価の値動き傾向をネットで調べたりもしますので、自ら情報を探し、活用する訓練にもなります。

ただのゆる~いゲームかと思っていましたが、中々侮れませんね。

ちなみに私も、あつ森のかぶは毎週購入。
ゲームですから有り金はたいてど~んと購入。
値下がりをしても持ち続け、土曜日に泣く泣く損切り。
値上がりをした時には一気に売却し、その後の高値をつかみ損ねる。
逆に持ちすぎてマイナス。
典型的なダメ投資家っぷりで、娘にバカにされます。

実際の株でも大きく負けて辞めた口ですから、あつ森でも成果はイマイチ。
ダメな奴はゲームでもダメなのか?

やはりこのゲーム侮れません。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

普段から支払いのほとんどをクレジットカードで行っていますが、今回「kyash card」というカードを新たに作ってみました。

このカード、普通のクレジットカードではありません。
プリペイド式のカードになります。

プリペイド?
なんでそんな面倒なカードをわざわざ作るの?

そんな声が聞こえるかもしれませんね。
でもこのカード、1%ポイントが余計に付いちゃうカードなんです。

通常クレジットカードで支払いを行う際は、クレジットカードのポイントのみが付きますね。
ところが、kyash cardを間にかます事でポイントの2重取りができます。

具体的には、まずkyash cardにチャージを行うためのクレジットカードを紐づけておきます。
そのクレジットカードでkyash cardにチャージ。
ここでクレジットカードのポイントが付きます。

次にチャージされたkyash cardを使って支払い。
この時、kyash cardのポイントが1%つきます。

こうして、クレジットカードとkyash cardのポイント2重取りが可能となります。
ちなみに、kyash cardのポイントは、1ポイント=1円としてkyash cardでの支払いに使う事ができます。

ポイント2重取りが可能な事はご理解頂けたと思いますが、それでも事前にkyash cardへチャージしなければならない点が面倒に感じられるかもしれませんね。

でも、オートチャージの設定が可能なので、実際にはクレジットカードと同じように使う事ができます。

例えばkyash cardに残高が0円の状態で500円の決済を行うと、紐づけしているクレジットカードから500円が自動でチャージされ、kyash cardの支払いに使われます。
なので、事前にチャージを行っておく必要はありません。

使い勝手が良いにも関わらず、1%余計にポイントが付く。
地味ですが使えるカードだと思っています。

ただ、このカードのデメリットもいくつかあります。

まずは発行手数料。
カード発行には900円かかり、カードの有効期限は5年です。
つまり、5年間に9万円以上決済をしなければ赤字です。
流石に9万円の決済は余裕でしょうから、大したデメリットにはなりませんね。

次のデメリットとしては、決済金額が少ないという事。
1回の決済金額上限が30万円。
月間の決済金額上限は100万円。
この枠は増えません。

使用できる範囲が狭いというデメリットもあります。
ガソリンスタンド、高速道路、一部のホテルや航空会社。
毎月継続的に発生する支払い(公共料金など)は使えません。
ただ、普通の買い物では問題無く使えますし、オンラインショップでも使用可能です。

もう一つ、これが最大のデメリットかもしれません。
通常のクレジットカードであれば、不正利用をされてもカード会社が保証してくれますが、kyash cardは所有者がまるかぶりしてしまいます。

不正利用に対する対策は、カードの使用可能金額を少額に設定しておく事である程度回避できます。
1回の決済金額上限、月間使用金額上限共に、スマホのアプリからリアルタイムで設定できるので、使用状況に合わせて変える事でリスクヘッジになります。

また、オンライン決済を停止すればさらにリスクヘッジになります。
こちらもスマホアプリから設定が可能です。
不正利用のほとんどは、カード番号総当たりによりオンライン上で発生しますので、オンライン上でカードが使えなければ被害に遭う確率はかなり低くなるでしょう。

究極の方法としては、カード自体をロックしてしまう事もできます。
使う時だけスマホからロックを外し、それ以外は常にロックしておけば、不正利用の恐れは殆どないでしょう。

なお、kyash cardに関する詳細情報につきましては、、こちらの公式サイトをご確認ください。

たかが1%ですが、されど1%です。
1000円ならたった10円の違いですが、100万円なら1万円の違いです。
セコイと思われるかもしれませんが、手間が変わらないのに収入が増えるなら、使わない手は無いと私は思っています。

まぁ、この手のカードはそのうち改悪されて、オートチャージに対してポイントが付かなくなるのがオチだと思っています。
だからこそ、使えるうちに使っておきたいですね。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

毎日暑い日が続きますね。
我が家は昼も夜も、もちろん就寝中もエアコンつけっぱなし。
もう何日連続稼働なのでしょう・・・。

7月1日~8月18日までの東京23区内における熱中症死者は101人。
内、94人が屋内での事例だそうで、適切なエアコンの利用はもはや命を守るためにも必須ですね。

生活必需品ともいえるエアコンですが、世の中にはエアコンの無い部屋というのもまだ多くあります。

「今時エアコンが無いなんて、どんな家なんだ??」
と想像もつかないかもしれませんが、意外と身近な所にありました。
かつての私の私の所有物件です。

10年近く前に購入した木造アパートですが、当時エアコンが付いていない部屋がありました。
その部屋は高齢のお母様とその娘さんの二人暮らし。
2階で日当たり最高。
冬は暖かく日中なら暖房入らずですが、夏は想像を絶する暑さであったと思います。

なのにエアコンが付いていない・・・。

生活保護世帯でも無いですし、娘さんも定職についていましたから、エアコンを購入できない程経済的に困窮していなかったと思います。
エアコンが嫌いだったのかもしれませんね。

前オーナーからの古参入居者ですし、そもそもエアコンの使用は個人の自由なので、物件購入後しばらくそのまま放置していました。

夏になり、その年は記録的な猛暑に。
連日の35℃超えで熱中症による死者の報道も増えてきたところで、気になったのはエアコンの無い部屋の入居者さん。
高齢のお母様は大丈夫だろうか?

流石にエアコン無しはマズいと思い、サービスのつもりでエアコンの設置をする事にしました。

エアコンをつけてくれる大家なんて太っ腹。
好印象で入居期間も伸びたらいいなぁ・・・、なんてスケベ心も多少ありました(笑)。

エアコン効果か、酷暑だった夏は何事も無く過ぎ去っていきました。
しかし、翌年退去。
エアコンプレゼント効果は全くなかったようです(涙)。

まぁ、熱中症で事故物件にならなかっただけ良しとしましょう。
少しでも快適に過ごして頂けたならそれでよいです。

このお部屋には後日談があります。

その後に入居した方の話によると、夏はとても暑くてエアコンをつけても中々部屋が冷えなかったそうです。
6畳用の安物エアコンでは対応できない程の酷暑部屋。
そこまで暑い部屋だったとは私も知りませんでした。

そんなお部屋にも関わらず、エアコン無しで生活をしていた入居者さん。
扇風機だけでよく耐えられたなぁ。
昔からの生活で、暑さが当たり前と思い受け入れてしまうと、案外そんな物なのかもしれませんね。

でも、そこが危険な落とし穴なのでしょう。
これまで大丈夫だったから・・・、という思い込みは怖いですね。

今では所有物件にエアコンのない部屋はありません。
ただ、高齢の方が何名かいらっしゃるのは少し気がかりです。
特に高齢の方は、エアコンがあっても使わない方もいらっしゃるからです。

夏に見に行くと皆さんエアコンを使っているので、今のところは心配無さそうですが、
テレビやCMでエアコン使用に関する啓蒙活動をもっとして欲しいですね。

少なくても、7月、8月に限っては、コロナよりも熱中症の方がはるかにリスクが高いと思うので、同じくらい騒いで欲しいと思っています。

また、大家としても「春にエアコン試運転のお願い」とか入居者さんにお知らせしてあげると良いのかなと思います。
夏にエアコンが故障すると、交換まで最悪一週間近く待たされることがありますからね。
私も過去に何度か経験があります。

そんな時は納期優先で少々高くても仕入れられるやつを入れてもらいます。
大家の経済的負担は大きくなりますが、入居者さんの命には代えられません。
(結局火災保険つかって、ペイ出来たりするのですが)

まだしばらく暑い日が続くので、エアコン故障の連絡が入らない事を祈ります。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

お盆明けは景気の良い話から。

と行きたかったのですが、まずはイマイチのコインパーキングから。
7月の実績報告です。

前年同月比19%ダウン。
黒字額たったの200円と残念な結果に。

3月から前年割れが始まり、4月は前年比ー19%。
5月はー25%とマイナス幅を拡大していましたが、6月に入りー12%まで回復。
これからは回復基調になるのかなと思った所ですが、7月は再び前年比ー19%と悪化してしまいました。

記録的な梅雨のせい?
いえいえ、観光地のパーキングじゃないんですから、天候はあまり関係ないと思っています。

周辺パーキングの値下げ?
PPParkで調べましたが、価格はほぼ変わっていないようです。

となれば、やはり原因はアレでしょうか?
「コロナ」

7月と言えば、コロナ陽性者が再び増えたと騒ぎ始めた時期です。
やはり世間の自粛ムードには勝てないという事でしょうか。

7月のコロナの状態は、4月の陽性者増加~緊急事態宣言の頃と似ていると言われます。
陽性者数の増加に不安感が広がる事で人の動きは抑制的となり、街から人が減る。
世の中の雰囲気も似ているような気がします。

くしくも、コインパーキングの対前年売上のマイナスは、7月は4月と同じー19%です。
これは偶然ではないのかもしれません。

当方のコインパーキングの売上は、世の中の「不安感」や「人の動き」を表す指標になっているのかもしれません。

この流れに対し、売り上げを伸ばす方法は残念ながらありません。
コインパーキングはひたすらに「待ち」のビジネスであり、世の中の動きが戻らなければ売り上げを戻す事は難しいでしょう。

8月はさらにコロナ陽性者数が増加しています。
さらに厳しい売上が待っているかもしれませんね。
恐らく赤字転落でしょう。

まぁ、それでも数千円レベルの赤字なので大したことはありませんが、先の見えない閉塞感は感じます。

これが、倒産の危機に瀕している飲食店の方々ならどんな気持ちか?
想像しただけでもゾッとします。
一度生活が壊れたら、元に戻れないですからね。

4~6月のGDPは年利27.8%の落ち込みだそうです。

7~9月期は多少持ち直すようですが厳しいことには変わりなく、7月のコインパーキングの売上を見る限り、再び悪化の兆しがあるように感じます。

売上が1~2割減るだけでも飲食店はかなり厳しいはずで、今度こそとどめを刺される所がかなり出てくるでしょう。

「一人の命は全地球よりも重い」

と言われる事に異論はありません。
そうであるからこそ、全体として命を落とす人を減らさなければならないはずです。

コロナで亡くなるのも自殺をするのも、命が失われる事に変わりはありません。
実際、失業率と自殺者数には相関関係があるそうです。
少し古い情報で恐縮ですが、厚労省も資料として公開しています。

ちなみに、8月18日時点のコロナの死者は1103人。
一方、平成30年の自殺者数は約2万人です。
自殺率が少し増えただけで、総数は大きく増えてしまいます。

この心配が私の杞憂に終わる事を願っています。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

前回はアパートの共用水栓のお話でしたが、今回は電気です。

空室が発生しリフォーム工事が始まるタイミングで、私は電力契約を行います。
最近はスマートメーターが普及したため、前入居者が電力契約を打ち切るとすぐに電気が使えなくなってしまいます。
電気が使えないと、リフォーム工事の時に不都合が出てしまう事があるので、私個人で電力契約を行い、電気が使える状態にします。

さらに募集が始まれば、電気を使う場面も増えます。
照明のすべてオンにしておき、ブレーカーを上げる事で一斉に点灯させるのは、お約束の内見テクニックですよね(古い手ですが)。

夜の内見も電気が付けば問題ありませんし、暑い夏もエアコンがつけられます。
ドアホンだって「ほら、ばっちり映りますね」とその場で実際に使ってプレゼンできた方が、効果的なはずです。
なので、募集期間中の電力契約は、私の中で必須事項と思っています。

その後、無事入居者が決まればもう電気の出番はありません。
賃貸契約の締結を確認したタイミングで、電力契約を打ち切るのが私の中でのお約束です。
しかし、入居者決定に浮かれ、契約解除を忘れてしまう事が時々あります。

それでも普通の入居者さんであれば問題はありません。
引っ越しと同時に新たに電力契約を結ぼうとするので、そのタイミングで私の契約は切れます。

普通の感覚なら、引っ越したら電気、ガス、水道の契約をしますよね?
そう思っているのですが・・・。

世の中違う方もいらっしゃいます。

あれ?ブレーカー上げたらなんか電気使えるぞ?
そのまま使っちゃえ~。

って感じなんでしょうかね。

私、実は先日もやらかしました。
電力契約の解除をすっかり忘れていたのです。
入居予定日を少し過ぎてから思い出し、東京電力に契約解除の連絡をしました。

すると、契約者は私のままに。
残念ながら契約が変わっていませんでした。
フリーレントに加え、電気代まで少しフリーサービスしてしまったようです。

ほんの数日の事なので電気代はたかが知れており、後から請求するつもりもありませんが、「引っ越ししたらちゃんと契約しようよ」という感じです。

まぁ、元はと言えば、私が契約解除を忘れていたのが悪いのですが・・・。
これで2度目だなぁ。

共用水栓は私の負担で皆様使って頂いても良いですが、電気代は自分で払ってね。

あと、今後は絶対に電力契約の解除を忘れるなよ、俺!!

最後になりましたが、お盆休みのため来週は休載とさせて頂きます。
再来週よりまたよろしくお願いします。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

このページのトップヘ