応援のために押して頂ければ幸いです  ⇒  人気ブログランキングへ


次に多くの資金を使ったのは「中国株」です。


はっきり言って、これは儲かりました。

1999年頃から始め、数年で倍以上になりました。


たまたま購入した時期が良かっただけですが・・・。


1990年代後半の時点では、次々に日本の企業が中国に進出し、

まさに「これから」という空気が非常に色濃かったです。


私は、その「雰囲気」を買っただけです。


あんなに勉強をしても駄目だった日本株に比べ、本を2~3冊読んだ

程度の中国株の方が成果をあげる事ができたのは、なんとも皮肉な結果

です。


結局株は、「市場次第」という事を強く感じました。

市場の大きな流れに逆らうのは、非常に難しいです。


私には、株で安定的に利益を上げることは出来そうもありません。




ちなみに、私は今も株式投資自体は行っています。

TOPIX等のインデックスに連動する投資信託の積立購入です。


「株はインフレ率に対応しうる資産」といわれていますし

(少なくとも今までは)、いつかまた株にカムバックして勝てるように

なるかもしれません。


完全に関係を断ち切ってしまうのは悔しいですしね。




今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ



----------------------------


■お勧め有料商材

「本屋では手に入らない」石原博光の不動産投資最新ノウハウ集


http://www.infotop.jp/click.php?aid=181756&iid=45174


私が実際に購入した商材です。

私の中では昨年No1の商材であったためご紹介をさせて頂きます。


この商材の良さを一言で言えば、以下の通りです。


※本当の高利回り物件の購入&運営方法を具体的に説明している※


この「具体的に」という部分がミソであり、不動産投資を行う上で、非常に

再現性が高い商材であると思います。



石原さんの投資法は、「地方高利回り物件を高稼働で運用」です。


「2億の物件をフルローンで購入し来月からアーリーリタイア」といった

派手さはありませんが、債務を高速返済しながら、一歩ずつ心とお金の安定

化を図る亀のような投資方法です。


よろしければ如何でしょうか。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=181756&iid=45174



教材についての私の感想が聞きたい方は、ご質問をお待ちしております。