よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


先日の嵐で、横須賀物件の隣の廃墟の軒先が崩れかけました。

腐っていた軒先が暴風で外れ、現在は立ち木に引っかかっている状態です
(写真参照)。


arashi_0403



写真左側が、私の物件です。



放置するのは危ないので、対策を取ることに。

しかし、ここで問題が・・・。


「連絡先がわからん」



そうです、対象のお宅は築うん十年の廃墟、誰も住んでいません。

表札もありません。



かといって、私が勝手に軒先を壊すわけにもいきません。

私が撤去費用を負担するのは嫌ですし・・・。



そこで、廃墟所有者の連絡先探しから始めました。


まずはネットで登記簿を取り寄せ、所有者と住所を確認。

http://www1.touki.or.jp/



次に、104に電話をして、所有者の電話番号を確認します。


もし、電話帳への登録が無ければ、この時点でアウト。

手紙を送るしかありません。

ドキドキしながら問い合わせると、運良く電話番号が分かりました。



廃墟の所有者に電話をして状況を説明、早期の対応を依頼しました。

ふぅ、これで一安心。


不動産賃貸業は、本当にいろいろなことがありますね。



今回の一件で、一つ課題も見つかりました。


「隣家の問題は誰も教えてくれない」


という事です。



嵐の後、管理会社の方が巡回をしてくれました。

その際に、私の物件の門が壊れていたので、報告を頂きました。


しかし、隣家の軒先が崩れかかっている件の報告はありませんでした。



巡回の後に崩れた可能性もありますが、まだ私の敷地への被害が無いため

報告が無かったのかもしれません。


また、隔週で便利屋さんに清掃の依頼をしていますが、その方からも報告は

ありませんでした。



入居者の方も、まだ問題があるとは思わないレベルなのかもしれません。



やはり、「何か具体的な問題」が起こらなければ、誰も教えてくれないので

しょうか。



それでは遅いような気もしますが・・・。



やはり、自宅近くに物件を購入し、時々大家が見に行くのが王道なのでしょう
ね。


難しい問題です。




今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


----------------------------


■お勧め有料商材


「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」


日本政策金融公庫で融資を引きたい人はいませんか?

無担保、低利での融資が可能です。

物件購入はもちろん、大規模修繕の際の融資としても利用度大!!

私も過去に独学でチャレンジしたのですが・・・、挫折しました。

あぁ、この商材をもっと早く買っていればよかったです。


「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」