よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


1号物件の管理会社に突撃してきました。


まずは気になっていた「業務縮小問題」から。


確かに、一時的に人数は少なくなったが、現在は新規の社員を募集中

であり、決して縮小するつもりは無いとの事でした。


実際、本部から助っ人が入り、お店の人数が増えていました。



まずは一安心といった所でしょうか。

今後を見守りたいと思います。



物件の反響については、やはりというか思わしくありません。

内見は一ヶ月に一件あるかないか・・・。


場所柄、インターネットの反響は薄く、店頭客中心にアプローチ。

周辺業者の反応はイマイチ。


これでは募集の間口が狭すぎです。

いつまでたっても決まらんよ・・・(涙)。



募集条件を確認したところ、重大な引継ぎ漏れが発覚。

なんと、広告費が誤って引き継がれていました。



田舎なので、募集窓口を広げる必要があることを、前回の客付けの際に

学びました。



そこで、広告費を倍に引き上げ、周辺業者へのアピールを行う作戦を

取っているつもりでした。



ところが、広告費が少ないままであり・・・。

何のアピールにもなっていません。



ちゃんと引き継いでくれよ・・・。




なお、募集条件の一部誤りについては、前任者のミスがそのまま引継がれて

おりました。

こっちは引き継がなくて良いのに・・・。



一つだけ、改善された所もありました。

「大家による周辺業者営業解禁」


店長が代わり、周辺業者との関係も変わりつつあるとの事です。



以前は、大家による周辺業者営業は禁止されておりましたが、現在はフリー

だそうです。


営業が手薄な分ウェルカムだとか。




でも、それって本来の姿では無いですよね?

やっぱり厳しいのかなぁ・・・。



募集について、早急に下記の改善を行うようお願いをしました。



・広告費倍額のお知らせを、近隣業者を含めて周知すること

・広告費は決めた仲介業者に全額渡し

・募集条件の誤り訂正



翌日には、募集条件が変更されていたので、対応は行われているようです。



その他、当日の会談内容をまとめメールで送付。

内容の相違がない事をご確認頂きました。



さて、どうなりますやら。


もう少し様子見をしたいと思います。


今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


----------------------------


■お勧め有料商材


「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」


日本政策金融公庫で融資を引きたい人はいませんか?

無担保、低利での融資が可能です。

物件購入はもちろん、大規模修繕の際の融資としても利用度大!!

私も過去に独学でチャレンジしたのですが・・・、挫折しました。

あぁ、この商材をもっと早く買っていればよかったです。


「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」


おまけについてくる、事業計画シミュレーションSWも利用度大でした。