よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ




越生物件の、メール&FAXに仲介業者開拓から早1カ月強。


スーモやアットホームに新規に広告が増え、募集窓口増加に繋がりました

が、未だ空室継続中。


そろそろ、大家による対面営業を行う時期かと思っています。


でも、遠いし、時間がないし、面倒だし、熱いし・・・


色々理由をつけて、「もう少し待ってみよう」と行動をセーブしている

自分がいます。



そんな時、募集について書かれたこちらのブログを読みました。



元サラリーマン大家大長伸吉の満室アパート経営道


記事の中に、こんな一文があります。


(抜粋)

>私も大家さんとしてまだまだ未熟で、仲介業者さんに募集の依頼をすると

>きには、躊躇してしまう ( どちらかというと慎重になるという ) 気持

>ちがあります。


~中略~


>この 『 躊躇 』 が、良くないこと ( = 問題 ) です。



「あっ、今の私だ!!」

何だか、頭をガツンと殴られた感じです。



自分では「そこそこ」行動ができているつもりでしたが、ダメですね。

「しっかり」行動しなければ、得るものはありません。



仲介業者の開拓と、募集の依頼は私にとって初めての経験です。

初めての事をやっているわけですから、無駄な事や不適切な事も行っている

のでしょう。


これは自ら考え、行動し、経験を積まなければ、解決できません。


これまでの不動産経営により、何となく経験値が上がった気でいましたが、

まだまだ「素人」なエリアも多く残されていますね。



もう躊躇はしません。

明日、対面営業を行ってきます。



今回の目的は、「物件名」と「大家の顔」と「大家の名前」を売り込む事。

既に募集をして頂いている業者さんには、反響やご意見もお聞きしたいです。


ちょっと怖いけど、頑固オヤジ風な街の不動産屋さんにも、飛び込みたいと

思います。



名刺とマイソクと物件資料を印刷し、よし、行くぞ!!



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ