よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


越生物件の内見数はこの一年、月に一件あるか無いかという状況が続いてき

ました。


管理会社さん任せではイカンと思い、行動に移したのが5月末。

大家による他業者営業の解禁を勝ち取りました。


他業者には、6月にFAX営業、7月に訪問営業をかけました。

ネット掲載は増えましたが、状況は変わらず。


7~8月中旬までは、内見どころか、反響すらサッパリでした。


しかし、お盆を過ぎて、ようやく動きが出てきました。


なんと、今週は内見が2件!!

しかも、私が営業を行った2社から一件づつです。

やった~!!


自分の力で、販路を開拓した気分です。


成約に繋がるか否かはわかりませんが、確実に一歩前進している

ようです。


ダメだった場合でも、内見時のお客様の反応等を聞くことにより、

次につながりますね。


内見ゼロでは、何も手がかりがつかめず、正直かなり参ってしまいます。


「この地域は需要ゼロで、アパート経営は無理なのか?」

「私はまったく相手にされていないのか?」

「いったい次は何をすればよいのか?」


悪い事ばかり考えてしまい、凹みます。



内見から成約に繋がる確率は、2割程度といわれています。

つまり、5回程度内見を行わなければ、決まらないという事です。


あくまでも、「本命物件」としての内見の数ですが・・・。



よ~し、あと3回。



贅沢は言いません。

せめて年内に何とか決めて欲しいです。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ