よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


新規取得した3号物件は、「2年間の定期借家契約」としています。

期間満了後に継続して住みたい場合は、「更新」ではなく「再契約」

となります。



実はこの物件、前オーナーは管理会社さんに家賃保障をつけていました。

そのため、管理会社さんは、賃借人と定期借家契約を結んでおりました。

家賃保障をする以上、怪しい入居者には早々にお引取り頂く必要があり

ます。

そのための定期借家契約、リスクヘッジですね。



大家にとって、定期借家は魅力的です。

契約期間が満了すれば、更新をする義務はありません。

合法的に賃借人にお引取り頂く事ができます。

将来物件を取り壊す際にも有利ですね。



でも、アパートに定期借家を導入してくれる業者さんは少ないですね。

以前、所有する2物件について、相談をしたことがありますが、


・面倒くさい

・やった事が無い

・募集が不利になる(と思っている)


こんな感じで、やんわり断られました。


分譲マンションや戸建では、3~5年契約の定期借家が数多くあります。

ただ、これらの定期借家は、オーナーの都合等により、本当に更新が出来

ない可能性が高いです。


「定期借家」と聞くと、やはりこちらのイメージが強いのでしょう。

入居者さんも、仲介業者さんも・・・。



しかし、仲介業者さんからちゃんと説明ができれば、募集についても、

それほど不利にはならないそうです。



「定期借家だけど、実際は再契約が可能で問題ないです」

「妙な人は再契約できないので、優良入居者ばかりです」

「再契約といっても、入居者さんの負担は通常契約と変わりません」


という感じで。

実際、この物件の過去の入居率は悪くありません。



まぁ、急に大家の気が変わって、「再契約しない」と言うかもしれません。

だから、仲介業者さんも、『絶対再契約できます』とは言えません。

どの程度の事まで、仲介業者さんが言葉にできるか?


大家と仲介業者さんの信頼関係がないと、難しいですね。



今回の物件で言えば、大家である私との信頼関係はまだありません。

しかし、定期借家に関するノウハウと、実績が管理会社にはあります。

私としても、定期借家は望む所です。


そのため、私は定期借家を継続する事にしました。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ.