よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


FPと一口に言っても、いろいろな形態があります。


保険屋のおばちゃんも、最近はFP資格所有者が多いですよね?

「あなたの保険をトータルサポート」なんて聞こえは良いですが、

要は、自社の保険を売るために、FP資格を看板に掲げているだけです。


その他、銀行、証券会社、最近は不動産屋さんにもFP所有者がいますね。

特定の企業に属するFPは、結局は自社の商品の中から、物を売りつけようと

します。


まぁ、わかりやすい構図なので、「バイアスがかかっているかも」とこちらが

構えていれば済む話です。

もちろん、納得できる内容であれば、そのまま受け入れることも問題ありません。


一方で、羊の皮をかぶったオオカミもいます。

「独立系FP」と呼ばれる方々をご存知でしょうか。


どこの会社にも属さない個人経営のFPで、第三者的立場から、お客様にあった

提案を行うのがウリです。


しかし、「企業に属さない=本当に最適なものを提案する」

というわけではありません。



ライフプランを作る上で、どうしても「資産運用」についてのお話が出てきます。

そして、運用方法として、投資信託の提案を受けるでしょう。

投資信託は、株、債券などに投資を行う、元本保証のない投資商品であり、銀行や

証券会社で販売が許可されています。


しかし、「証券外務員2種」という資格を取ることにより、証券会社の代行販売

が可能となります。


FPは、この資格を取得することにより、自らが提案した商品の代行販売を行い、

売買価格の一部を、証券会社から手数料としてもらいます。


通常、代理営業をする証券会社は1社となりますので、FPがくっついている証券会社

が扱う商品のみが提案されます。



と、ここまで書けばわかりますよね?


「手数料の高い商品を提案したほうが儲かる」わけです。


お客様にとっての最適と、FPにとっての最適は異なる可能性がありますね。



最近は、同じ投資信託であっても、購入する証券会社によって、手数料が異なる

事がよくあります。

FP経由で購入すると、手数料が高くなる事もあるので注意が必要です。


「資産管理が一括でできるので、私から購入してください」

と言われる事もありますが・・・。


それくらい、自分でできますし、たいした手間もかからないので、情報弱者への

単なる脅しだと思っています。



保険にしてもそうです。

本来であれば、県民共済で十分な所を、わざわざ保険会社の医療保険を薦められる

ケースもあります。



もちろん、ほとんどのFPは、お客様の利益になるような提案を行っています。

しかし、盲信は注意が必要です。


もしFPにライフプランニングの相談に行く場合には、複数のFPと面談を行う事を

お勧めします。

初回相談は無料の所が多いですから、相手を研究するために利用するとよいでしょう。


その際に、こんな事を聞いてみると良いと思います。


・あなたはどんな保険に入っていますか?

・どのような商品で運用してますか?

・その理由は?



「お客様とライフプランも職業も違い、誤解を招く恐れがありお答えできません」

と、うまく逃げられる事もあります。

丁寧に教えてくれる人もいるでしょう。


信用できそうな人を見極めるため、参考にしてみてください。


もう一つ、FPに見極め方があるのですが、長くなったので次回に続きます。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ.