よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


当日は少し早めに現地入り。

まずは、管理会社さんの事務所で、最終の作戦会議

を開きました。


その席上、担当営業の上長の方に言われた言葉が、

とても印象深かったです。


(上長様のお言葉)


今日は、入居者さんと大家さんが話をする

セッティングまでを行います。

現地では大家さんが主体となって、

入居者さんとのお話をお願いします。


なぜなら、管理会社にとって、入居者さんも、

大家さんも、どちらも大切なお客様だからです。


基本的に我々は、どちらかに肩入れする事は

できません。

本日は、大家さん主体でお願いします。




との事でした。

「あぁ、俺は責任者なんだな」

大家としての責任が、両肩にズシリと重く響きます。



時刻は夜8時ちょっと前。

雨の降る中、いよいよ物件に出発です。


物件に到着し、2階の窓明かりを確認。

幸い、2階の方はいらっしゃるようです。

もし留守だったら、絶対に音はしませんからね。

無駄足にならず一安心。



1Fの入居者さん宅のチャイムを押します。

室内に通されご挨拶。


今回は、録音のためICレコーダを持参しました。


ひとつは騒音の録音。

もうひとつは、入居者さんとの会話を

録音しておくためです。

何があるか分かりませんし・・・。



録音の許可を頂き、騒音調査を開始。

テレビの音量を下げ、じっと耳を済ませること

しばし。


ドスン、ギャー、ウェ~ン。

時々2Fの子供の声や足音が聞こえます。

しかし、気になるほどではありません。



そのまま、20分近く。

直立不動のまま耳を済ませました。



残念ながら、騒音が大きくなることは

ありませんでした。


「いや~、今日は静かだなぁ」

と入居者さん。


「ノイローゼになるほど、いつもうるさい」

との事でしたが、当日の状況からは

確認できませんでした。


まぁ、この日は特別静かだったのかもしれませんね。



その後、入居者さんとのトーク。

体調面のお話を入り口に水を向け、

思いのたけを吐き出してもらいました。


30分くらいお話を伺ったでしょうか。

ころあいを見計らって、こちらからの提案を。


私の所有物件の他の入居者さんの例として、

耳栓やイヤホンによる、

騒音の自己防衛策のお話をしてみました。


あくまでも、

「こんな事をしている方がいましたよ」

という事例紹介のトーンで。


すると

「そうだねぇ、自己防衛するしかないか」

と何だか妙に納得していただいたご様子。


どうやらうまくいったかな。



それから一ヶ月。

管理会社さんに確認したところ、追加の

クレームは頂いておらず、物件は平穏だそうです。

なんとか、丸く収まったのかな?


この本を読み返しておいて、良かったです。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ