よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


2007年のことでした。

ファイナンシャルプランナーと、ライフプランの

シミュレーションを行いました。


ライフプランとは、将来希望する生き方について、

金銭面のシミュレーションを行うものです。


例えば、生活費、教育費、マイホーム、老後資金

等の支出のシミュレーション。


そして、給与収入、年金、資産運用の収益等の

収入。


それらを総合した上で、今後の生き方、働き方、

資産運用の方法などを考えるものです。



最近、2007年に作成したライフプランを

見返し、愕然としてしまいました。



当時、給与は45歳くらいまで年に2.5%の

上昇で想定しておりました。


また、住宅費の補助についても、そのまま継続され

る想定で見込んでおりました。



しかし、6年経った現実は・・・。


給与は減収。

住宅補助費はカット。

公共料金は値上げ。


当初の想定よりも、厳しくなっておりました。



おまけに、今後消費税の増税が控えており、

さらなる生活費の上昇は必至。


物価上昇を想定し、2007年より

生活費は毎年2%上昇する想定でシミュレーション

を行っておりましたが、それでも吸収しきれるかは

微妙です。



減収はかなり予想外でした。


年齢にもよりますが、ライフプランを作成する際に

通常、年齢と共にある程度給与は増える想定にしま

す。


実際、30代であればある程度年齢と共に

給与も増える時期でしょう。


それが、まさか、自分が30代のうちに減収に

転じるとは・・・。

そして、今後はいったいどうなるのか・・・。



共働きで、しかも不動産収入が増えていたため、

減収に対する「痛み」を、あまり感じておりません

でした。


でも、ぼやぼやしていると、あっという間に

現実において行かれてしまいますね。



給与所得一本に依存する怖さを、

改めて感じております。



また、ライフプランでは、年金の支給年齢を、

現行の65歳からの想定にしていますが、

これも怪しいものです。



給与減収。

年金支給は後ろに・・・。


悲惨な老後が待っているかもしれません。



自分で稼ぐ手段を身に着けておかなければ、

本当に怖い世の中だと思います。


今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ