外壁塗装を行っている物件があります。

しかし天気は雨続き。
お陰で作業は遅延気味。


自然が相手ですから仕方がありませんね。



この物件は空室が多く、周辺業者さんへの
客付け営業を予定しております。

早く外壁を仕上げ、
バシッとカッコいい写真を撮って
営業したいのですが・・・。


営業開始が遅れるほど空室期間は伸び
収益が減ります。

大家にとっては大損害。


雨が恨めしいです。




一方で、雨でうれしい事もあります。


私はコインランドリーを経営しており、
雨が降るとウハウハです。

洗濯物が乾かないので、
乾燥機を使う方が増えます。


「雨の日は100円玉が降ってくる」


まさにこんな感じで、収入が大幅UP。


雨雨ふれふれもっと降れ!!
(災害にならない程度に)




「雨」といっても、人によって影響は様々。



雨具屋さんは儲かるが、夏物衣料は散々。

太陽光発電は発電量減だが、
コインランドリーはウハウハ。


でも、プラスとマイナスに両建していれば
影響をヘッジできます。


大勝は無くなりますが、
大負けもなくなります。

収益が安定します。



今回雨を例にしましたが、
何でも当てはまると思います。


デフレ、インフレ、少子化、温暖化



収入の柱を増やし、外部からの影響に強く
なりたいですね。

というか、ならなきゃダメ。


世の中、何が起こるかわかりません。


備えていきたいです。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ