外壁塗装を行う際に必ず複数の業者さんから
見積もりを取ります。

明らかに怪しい業者さんもいますからね。

これまでの経験から、こんな業者さんは
NGかなと思っています。



1.見積もりに営業担当が来る


「怪しい」とは少し違うかもしれませんが
確実に「高い」業者さんです。

直接工事を行わない「営業」の人件費が
かかるので工賃は確実に上がります。

リフォームもそうですが
「営業担当」
が来た時点でほぼOUTですね。


「高い」=「悪い」

ではありませんが、


「高い」=「高品質」

でもありません。


個人的に「余計なコストがかかっている」
業者さんが嫌いなだけです。



2.屋根に上らない

意外と多いです。
外壁を下から見上げ、少し離れて
屋根を見て終わり。

さ~っと10分程度で見積もり完了。


それで完璧な見積もりができる
「熟練工」
なのかもしれませんが・・・。


怪しいですね。


見えないところに問題があった場合、
どうするのでしょう?

無料で対応してくれる方も稀にいますが、
人の善意に期待しちゃダメです。

「放っておく」か「追加料金」が
落ちでしょう。


そもそも、ザルな見積もりなので
価格根拠も怪しい物ですね。



3.やたら高品質な塗料、施工を薦める

築古ボロアパートの塗装にも関わらず
フッ素系塗料を勧めてくる人。

鉄部、軒天、コーキング等の付帯作業を
過剰に手厚く提案する人。


どちらも「やった方が良い」であり、
「must」ではない。


相手に悪気はないのかもしれませんが、
ボロアパートの修繕という事を考えれば
少しは察して欲しいですね。


相手の事を考えていないのかな
とも思ってしまいます。




と、私の独断と偏見で
「怪しい塗装業者さん」
の見極め方をご紹介してみました。


如何でしょうか。



何れも、相見積もりを取れば
ある程度解決ができます。


一社だけだと、何を言われても
「そんな物か」
と考えてしまいます


しかし、相見積もりをとれば
比較ができます。

皆が同じことを言っていれば
その作業は必要なものである
可能性が高いです。


疑問点を別の会社にぶつける事で
「裏を取る」事もできます。




業者さんの選び方に一つ付け加えると、
実際にお会いした時の
「直観」
は大事にした方がよいですね。



意外と当たりますよ。


Don't think Feel!




今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ