今日は私の反省文です。



1号物件は6月から一室空いています。


もともと需要が弱いエリア、しかも夏場。
募集をしても、すぐには決まらないだろう
と高をくくっていました。

結局ダラダラとしてしまい、
リフォーム完了は9月に。

その間も、ポータルサイトに物件情報を載せ、
細々募集活動は行われておりました。


念のため、9月までの反響を管理会社さんに
お聞きした所・・・。

予想を裏切られました。


なんと、4~5件の反響があったのです。


当て馬物件でなければ、
4~5件の反響(内見)で、
部屋は決まる事が多いです。



今回は希望条件が、私の物件に近い
方からの反響だったので、
決まった可能性は高いと思われます。



完全に機会損失です。


とっととリフォームをしていれば、
今頃満室だったかも・・・。




どうせ夏は動かないだろう。
どうせ急いでも同じだろう。
どうせ決まらないだろう。


どうせ、どうせと言い訳しているうちに
チャンスは逃げてしまいました。



時間を無駄にしちゃダメですね。


退去がでたら一秒でも早くリフォームを
終え、募集を行い、部屋をうめる。

不動産の基本ですね。


こんな基本をおろそかにしてしまい
私は猛反省中。



いつでもお客様はいるのです。


「日々是決戦」


気合を入れなおして頑張ります。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ