私がコインランドリーを経営している事は
以前の記事でお話したかと思います。



コインランドリーは無人店舗ですので
お客様との交流がありません。

お客様のご意見をお聞きするため
目安箱を設置しています。


店へのご要望をお書き頂く事が多く
非常に助かっております。


・冷房が効いていない
・店内が汚れてた
・たたみ台が汚れてる
・BGMがうるさい
・雑誌が欲しい


など、私の目が届きにくい所を
ご指摘頂けるのは非常にありがたいです。

ご要望への対応策もありますし、
お店もより良い方向に向かう事ができます。



わざわざ投書をする方と言うのは
ヘビーユーザーになる可能性の
ある方かもしれません。

たまたま一回利用したような店で何か
あってもわざわざ投書なんて面倒な事
しませんよね。

可能な限りご要望にお答えする事は
お店にとって重要な事と思っています。



とはいえ、目安箱に届く意見というのは、
ほんの氷山の一角だと思います。

大多数のお客様は不満があっても
声を出さず黙って店から去っていく
のでしょう。


怖い事です。




これ、不動産賃貸業も同じです。

物件に小さな不具合があっても、
入居者様は声をあげません。


退去確認で部屋に入り、蛇口から微妙に
水が漏れていたとか、ドアの立てつけが
悪くなっていたなんて事を発見した事が
あります。


「我慢しないで言ってよ~」


と思うのですが、言い出しにくいのと
面倒くさいのでしょう。



こんな、「声なき不満」は何かのきっかけ
で退去につながる可能性があります。



入居者様と小さな繋がりを持ち、
ご意見を頂戴しやすいような関係を
作るようにしているつもりです。

「物件に行った時には話しかける」とか、
「誕生日プレゼントを贈る」とか。



ただ、「意見の聞き過ぎ」は
注意が必要です。


せっかく意見を聞いても、
それに応えられないと
かえって相手の不満が高まります。


「アパートの家賃が高い」


と言われても困りますよね。



余談ですが、コインランドリーの
目安箱には時々「料金が高い」という
投書があります。


「じゃぁオメー来るなよ」


って話です。




付かず離れず。
コチラから要望をほじくり返さず。
相手が要望を言いやすい関係。



入居者さんとそんな関係ができると
良いなと考えています。




今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ