先日、コンサル大家中さんのセミナーに
参加してきました。


中さん自らワゴンを運転し、自らの
物件を巡りながら解説をするという
ユニークなセミナーです。


少人数セミナーなので、中さんへの
質問や受講生同士の会話も自然と
密な物になり面白かったです。



当日は、まだ物件をお持ちでは無い方も
参加されていました。
お話をお聞きすると色々と迷いが
あるのかなと感じました。


私も、一棟目を購入する前は、
いろいろと迷いがありました。


・築古か新築か?
・地方か都心か?
・木造かRCか?
・駅近か遠方か?


不動産賃貸業は沢山の手法があり
正直迷ってしまいます。

どれも正しく、成功者がいますし、
再現性もあります。
だからこそ余計に迷う訳で・・・。



ただ、迷ってばかりの人は
一生物件を買えません。


中さんもおっしゃっていましたが、
物件を購入するために最も重要な事は
「基準を作る」
事です。


自分の中で、物件に求める基準を作る。
これができないと、何時まで経っても
物件は購入できません。



例えば私の条件はこんな感じ


・表面利回り15%以上
・自宅から2時間圏内
・3点ユニットは対象外
・区分は対象外


シンプルでしょ?

上記条件で引っかかった物件に対して
個別に判断をしていきます。



では、「基準」をどうやって作るのか?


これは、不動産に求める目的と、
自己資金等の個人属性によります。



例えば、3年以内に年間1000万の
キャッシュフローを作る事が目的の場合。

大きく借入をして、RCを買って行くの
が早道です。


しかし、自己資金が100万では
そもそも大きな借金が難しいでしょう。



不動産の目的と自分の状況を照らし合わ
せれば、取り得る手法は絞られてきます。



特にこれから不動産を購入しようとする
人の場合は、物件の探し方や融資
テクニックの前に、各手法の特徴を
つかむ事が重要です。


資産形成のスピード感とか、
必要な自己資金とか。
後はメリットとデメリット。


その上で、自分の好き嫌いを考慮して、
手法を選べば、自然と物件選びの基準が
できるでしょう。



ちなみに私の場合は、

「5年くらいで会社を
辞められるようなCFが欲しい」

という目的から始まりました。


幸い自己資金もソコソコ用意でき、
大きな借金は嫌いだったので、
自然と築古物件が選択肢に残りました。

また、築古のダメ物件を立て直す事に
カッコよさを感じたため現在の手法に
進む事となりました。



物件探しに迷いがある方。
まずは基準を作りましょう。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ