最近はよほど物件がないのか
「再建築不可」物件でも、普通に売りに
出てきますね。


「再建築不可」とは、接道が2m以下の
土地で文字通り再建築ができません。


既存の建物を壊してしまったら、二度と
建物を建てることができないので
「利用価値の無い土地」
として格安で売られています。


ただ、既存の建物は壊さない限り
利用することができます。

立地自体が良ければ、好立地の
高利回り物件として稼働するので、
インカムゲインを狙うのであれば
「アリ」となります。


また、「新築そっくりさん」的な
大がかりなリノベーションを行えば
「ほぼ新築」のように生まれ変わります。


あるいは隣地を購入し、接道義務を果たし
普通の土地に生まれ変わらせる事も
戦略としてあります。


と、ここまではよくある話。


私も「再建築不可」の土地を
検討した事がありますが
実情はなかなか難しいですね。


まずは融資が通りません。
現金で買い叩くのが基本ですね。


また、ご存知かと思いますが
「新築そっくりさん」的なリノベーション
は業者さんに丸投げするとものすごく
高いです。

戸建てでも1000万単位で
お金がかかります。


自分で住むのなら兎も角、賃貸収入を得た
いのであれば、何らか安くリノベーション
を行うスキルが無いと割にあいませんね。


逆に、高いリフォームスキルがある方、
これからつける覚悟のある方にとっては
面白い案件となります。


普通の人が出来ない事をできる人は
収益を得る可能性が高まりますね。




そんな再建築不可の土地ですが、
近所で面白い利用法をされている方が
いらっしゃいました。


「自転車&バイク駐輪場」


もともと古い家があった場所ですが、
いつの間にか駐輪場に。

これならリフォームスキルも必要なく
お金もほとんどかかりません。

解体、整地、機器代合わせても
5百万円しないのではないでしょうか。

間口が2m以下でも、2輪車なら問題あり
ません。



この発想はなかっただけに驚きました。


「土地=建物を建てる」


という、大家の固定観念すら
壊してみることが重要なんですね。


「普通の人が考えないことを考える」


これもまた、収益を得るためには
重要ですね。



ちなみにこの土地。

駐車料金と稼働率から逆算したら、
相場の半値どころかもっと安く
なければ収益が出ないと思われます。


再建築不可とは言え爆安です。


相当安く買いたたいたのか?
貸土地として長期借り上げか?
それとも元々の所有者か?


いろいろと妄想してしまいました。

病気ですね(笑)。



それにしても、1台80円/24hって
本当に儲かるの?

一度経営者とお話がしてみたいですね。


今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ