ついに太陽光発電に参入します。

5371bea9593030432f61d0e530028edf_s







唐突に見えるかもしれませんが、
実は以前から物件を探していました。

不動産が買いにくい時は別の物を
購入する。

パーキングと太陽光を購入した今年は
そんな年だったようです。



購入したのは50kw程度の
低圧分譲案件。

想定利回りは表面で12%程度。
管理費等諸経費込で10%程。

アプラス様でフルローンを引き
手出し無しでお買い上げです。


予定通り発電をしてくれれば、
15年目までは年間5~60万円
の手残り。
最後の5年間は180万程度。


これまでのアパートと比べると
キャッシュフローは低いですが、
手間を考えれば悪くないかなと。


アパートと違って、空室も、
リフォームもありません。

大家にとっては夢のような投資です。


連携した瞬間から収益を生み
軌道に乗るまでの苦労もありません。

コインランドリー店主にとっても
夢のような事業です。



ただ、「故障」はあり得ます。
落雷とか台風とか。


パネルやパワコン等の機材自体
は保険でカバーされるので
壊れても問題はありません。


まぁ、代理店がクズだと、
故障と天候の因果関係をうまく
説明できず「対象外」とか
言われてしまう危険もありますが。



ただ、機材の再調達や工事作業
には時間がかかるはずです。

その間の発電はゼロ。
空室と同じですね。



どの程度の頻度で発生するのか?
再調達にどの程度かかるのか?


正直な所読めておりません。


ここは「収入保障保険」を付ける事で
リスクヘッジが可能と考えています。



太陽光発電はかなり特殊な投資です。


太陽光パネル等の設備自体には
資産価値が殆どありません。

国による固定買取も20年限定。


つまり、20年後は何の収益も生まない
産業廃棄物になります。


実際は20年後も機器は発電し、
売電もできるかもしれませんが・・・。

あまり期待しない方が良いでしょう。



将来無価値になる物なので、
20年間という限られた時間の中で、
最大限稼ぐ必要があるのです。

一日たりとも無駄にできません。


だからこそ、収入保障保険は
つけるべきかなと考えております。



不動産の場合は時間制限がないので
少々空室が続いても後で取り返す
可能性があります。

ここは大きな違いですね。



連携は来年の予定です。
本当に想定通り発電するのか?

楽しみであり怖いです。

太陽光発電は、購入後に収益を
上げるための工夫が殆ど
できませんからね。



以前、私の尊敬する方が
こんな事を仰っていました。


雨の日はコインランドリーで
チャリンチャリン

晴れたら太陽光で
チャリンチャリン


今聞いても美しいお言葉で、
当時は大変感銘を受けました。



ようやく達成できそうです。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ