いわゆる「東京ルール」
という言葉はご存知かと思います。


退去時時の敷金精算に関する
ルールですね。



「普通に生活していても部屋は汚れる」


という、当たり前の原則に即し、
原状回復に関する大家/賃借人の
費用負担に関するガイドです。


10年も普通に生活していれば
壁紙も畳も汚れるので、入居者の
負担はほぼ無しです。

当然ですね。



ただ、これは「通常の使用」
による傷みのお話です。


「通常使用を超える損耗」

の場合は話は別です。



では、通常使用を超える損耗とは?



・壁や建具に穴が開いている
・設備が壊されている


この辺りは明確ですね。
普通に生活をすれば、多少壁に画びょう
の穴が空きますが、何十個も空きません。
まして壁に大きな穴は空きません。


・壁紙の破れ、えぐれ、傷


原則として入居者の過失ならアウト。

家具を置いた後の凹みはセーフですが、
家具をぶつけた壁の凹みはアウト。
入居者の過失です。



東京ルールは東京都の条例ですが、
ベースは国土交通省のガイドです。

現状回復をめぐるトラブルとガイドライン


大まかな基準はかかれていますが
ザックリとしたものです。


年数に応じた、大家/賃借人の
負担割合の目安や、入居者の責任と
認められる損害箇所については
一応示されています。

ただ、具体的な判断数値が示されている
訳ではありません。


入居2年の場合、3cmの破れ箇所が
1か所以上あれば通常使用を超える
損耗とする。


なんて、明確な数値はありません。


原則は

「入居者の過失か否か?」

ココを基準に判断されます。
c6660db5da652ac03172ff0e5e06b90b_s






結局、ガイドはあるものの、
運用については各自の判断に
よるところが大きくなります。

ましてや、ガイド上アウトだから
必ず清算金がとれるかと言えば
そこは別のお話です。


管理会社と大家と賃借人。
各自のやる気と誠意によります。



大家としては原状回復のため、
なるべく多くの清算金を取りたい。

賃借人は払いたくない。

管理会社は一応「中立」の立場ですが、
できれば面倒な仕事はしたくない。


特に、敷金以上のお金を賃借人に
請求する必要がある場合、必ず揉めます。

揉めて手間をかけ、賃借人からお金を
取り戻しても、管理会社に特別な
フィーは発生しません。

敷金精算は管理業務の一環であり、
行って当然の内容だからです。

でも、メンドクサイ。



確かに傷はありますが、
長く住んで頂きましたし・・・。
(どうせリフォームするでしょ?)


なんて、説得された事はありませんか?


はっきり言って、大家には少々
分が悪いです。



こんな時、頼りになるのは
「保障会社」です。

保障会社が入っている場合、原状回復部分
についても保障会社に請求することが
可能です。
(契約によりますが)


実際、夜逃げされた部屋の原状回復費用を
請求し、お支払頂いた事もあります。

ガイドに沿って普通に請求をすれば、
敷金以上の被害額についても
すぐにお支払頂けました。


家賃滞納の対策という側面もありますが、
保障会社はいろいろな場面で本当に
頼りになります。

下手な保証人を付けるより、無保証人でも
保障会社を入れる方が、よほど安心で
手間がかからないように感じています。



管理会社の場合、原状回復費用の取り立て
はあくまでも「努力義務」に過ぎません。

「相手に連絡が取れない」とか、
「納得してもらえない」とか、
難しいケースはよくあります。


結局
「がんばったけど無理っす」
なんですよね・・・。



どうしても泣き寝入りが嫌なら、
最終的には大家が「少額訴訟」等の
法的手段に訴える事が必要となり、
自分で頑張る事になります。


管理会社はパートナーであり、
すべての責任を押し付ける召使では
ないですよね。



実は、最近退去した部屋が
少々荒れておりました。

残念ながら敷金ゼロのお部屋。
被害額はざっくり5~8万円程度?

泣き寝入りは嫌ですが、訴訟してまで
取り返すかと言われれば微妙な金額。

ただいま管理会社さん経由で、
元入居者にコンタクト中・・・。



さて、どうなる事やら。


最後に告知を一つ。
9/7に不動産に関する無料セミナーを行います。

私なりの経験談を交えつつ、リアルなお話をいたします。
お時間が御座いましたら、ご来場頂ければ幸いです。

詳細はコチラ



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ