最近は、私よりも年上の築40年overの
物件を見に行く機会が多いです。 
561f5b66fe8d8393cd4d6e613c9fae3a_s
















築40年と聞いてどう思いますか?

・ボロボロ
・汚い
・もう使えない


確かにその通りではありますが、
意外としっかりした家が多いなというのが
私の印象です。


築40年と言えば旧耐震の物件になります。
その点では、平成築の物件に比べ
耐震性能は劣っているものが多いでしょう。



しかし、家の作り自体は平成元年頃の物件
より昭和40年代後半の物件の方が、
しっかりしているように感じてなりません。


良くわかるのが2Fに上がった時の
響き方。


平成築の安アパートは、歩くとよく響き
振動があります。


一方、昭和40年代物件は意外と静か。
がっちりしている感じでしょうか。



戸建の場合はなおさらです。
築20年程度のペラペラな戸建より
よほどしっかり作られている印象です。

当時もいわゆる「ペラペラ戸建」の
安普請な家はあったのでしょう。
私が子供の頃に住んでいた家もそうでした。

しかし、40年経つ間にそのような家は淘
汰され今も残る物件は、それなりにお金を
かけて建てられた家の様に感じます。


私の感覚的なお話で申し訳ございませんが、
実際に物件調査をすれば、同じような
感想を持たれる方も多いと思います。



築40年overの物件は、確かに間取りが古
いです。
内装も昭和の香がします。
でも、少しいじれば化けるポテンシャルも
持っています。


砂壁、繊維壁を変えるだけで随分印象は
変わる物です。


極端な話、風呂場さえそのまま使えるなら
ば、築40年でも価格次第で十分アリだと
思っています。

見もしないでパスしてしまうのはモッタイ
ナイ。
とりあえず見に行ってから考えても遅くな
い。



水道管の錆が心配。
基礎が低く湿気がたまりそう。
シロアリがいるかも。


デメリットをあげればきりがありません。
でも、それって平成初期の築25年でも
そんなに変わらなかったりします。


木造なら、仮に何かが起きても修繕費は
たかが知れています。

そして、大抵は何もおきません。



という訳で、今週も私は築古物件を
見に行くのでありました。


無料セミナーやります

12月4日(日曜日)、13時より
東京国際フォーラムにて、無料セミナーを
させて頂く事になりました。

私の主戦場である「不動産賃貸業」につい
てお話をさせて頂きます。


今回は、私が実践する満室経営の方法や
キャッシュフローを増やすための方策
について中心にお話をいたします。


参加費無料ですので、宜しければ
覗きにきて頂ければ幸いです。

詳細およびお申込みは下記リンク
をクリックしてください。


今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ