私の物件の困ったさんのお話です。


更新時期を迎えたものの、正式な更新
契約を頂けない方がいらっしゃいました。

もちろん、更新料も無し。

しかし、保障会社の更新費用はお支払頂き、
家賃の支払いも続いていました。



この方少々事象が込み入っており、
契約更新にあわせて、名義変更を
求めていました。

元々ご夫婦でしたが離婚。
離婚後名義を元旦那さんに変更し、
引き続き旦那さんが住みたいとの
ご要望でした。


なのに・・・。

何度お約束をしても、元旦那さんが
契約変更に現れない。

更新料の支払いも無し。

部屋に荷物は残っているものの、
住んでいる気配も無し。


その間も、元奥様は住んでもいない部屋の
家賃を支払い続けているご様子。



意味わからん。

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s










家賃は頂けているので
そのままにするのもアリですが、
何とも気持ちが悪い。

そもそも、更新料をもらっておらず、
正確な更新契約も頂いていない。


やっぱりマズイですよね。


3か月程こんな状態が続きましたが
追い出しに舵を切る事にしました。



でも・・・。

「追い出す理由がない(涙)」



契約書には、契約期間満了後に双方異議が
ない場合、同一条件で更新される旨が
記載されています。

普通賃貸契約では当然の文言ですね。


更新のご契約は頂いていないものの、
家賃の支払いを頂いている現状は、
更新されているのか?それとも
不法占拠なのか?

微妙ですよね。


これが家賃滞納なら、3か月待って訴訟を
起こす事も可能でしたが・・・。


結局のところ、現契約者の方に粘り強く
交渉し、通常退去をして頂くのが現実的
です。



幸い契約者当人やご両親に連絡が
つきましたので、管理会社さんに
交渉を頂き、無事通常退去に
漕ぎつけました。


実際にはかなり連絡に手間取り
「私はもう住んでいないから敷金返せ」
とか、意味不明な事も言われたようです。


管理会社さんも大変ですよね。


このやり取りを、自分ですべて行ったら
さぞストレスが溜まった事でしょう。


改めて管理会社さんのありがたみを
感じた一件でした。



退去の日、私も現地で立ち会いました。

こういう「だらしない方」の場合、
往々にして部屋も荒れているもので、
早く室内の状況を知りたかったです。


覚悟して入室しましたが思いのほかキレイ。
良い意味で期待外れでした。
(汚いのを期待している時点でドMですね)


「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

とお詫びの言葉も頂戴しました。


なんだ、意外とまともな人なんだ。



元旦那は今どこで何をしている?
なぜ家賃を払い続けたのか?


など、非常に気になりましたが、
とても聞ける雰囲気ではなかったので
止めときました(笑)。



さて、部屋が空いたら次は入居付けだ!!



最後に少し告知を。

3月12日(日)14時より、
私が登壇するセミナーがあります。

今回は、経験事例を中心にお話を
する予定です。

私の他、自衛隊大家さん、楽待コラムニスト
としてご活躍の、不惑のラガーマン仙台の
良さんも登壇します。


詳しくはコチラをご覧ください。



今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ