私が経営するコインランドリーの3月の売上を集計しました。
なんと、過去6年間でワースト2位の売上。

もっとも悪かったのは1年目の売上ですが、1年目のコインランドリーと言うのは認知不足で赤字が常のような状態ですからあまり参考になりません。
2020年3月の売上は、実質これまでのワースト1位と言えるでしょう。

3月の売上低下がコロナの影響かどうかはわかりません。
ライバル店の影響でここ数年は売り上げが低下傾向にありましたから、たまたま3月が悪い数字だったのかもしれません。
記録的暖冬後の気温の乱高下で、衣替え需要がまだ十分に発生していないのかもしれません。

ただ、気になるデータもあります。
私が経営する別のコインランドリー店ですが、1日当りの売上平均が3月は2月より減りました。

通常コインランドリーの需要は1月2月が底で、3月4月はググっと増えていきます。
3月の売上が2月よりも悪い事は今まで経験がなく、少々気味が悪いです。

この先コロナの影響がコインランドリーにどの程度あるのか、もう少し推移を見守る必要がありそうです。


コロナの売上への影響はもちろん気になる所ですが、お店自体のコロナへの対策についても気にしています。
「クラスターの発生源にならないか?」という懸念です。

感染拡大を防ぐためには、いわゆる3密(密閉、密集、密接)を防ぐことが望ましいとされています。

では、コインランドリーの店舗は上記の3密にどの程度当てはまるのか?

店舗は閉め切りの密閉空間です。
店内で待つお客様もいらっしゃいますから、人数が増えれば密集です。
ただ、皆さん黙って待っている方が多いので、密接にはあたりません。
3密の内1/3~2/3と言った所でしょうか?
これはリスクが高いのか、高くないのか・・・。

ただ、店を閉める事は現実的では無いと考えています。
「売り上げが惜しいだけだろ」という声が聞こえてくるかもしれませんが、そうではありません。
「洗濯」という日常生活のインフラを提供する店なので、洗濯ができないと困る方が多くいらっしゃいます。
居酒屋が閉まっても、たまるのはストレスだけですが、コインランドリーが閉まると洗濯物が溜まり不衛生になります。

では、運営を続けたままできる対策は何か?

・入口ドアをあけ放ち換気をする
 →寒い、店内に虫やゴミが入り不衛生

・店内の椅子を撤去し、お客様の店内滞在時間を減らす
 →不便、立って待つ人がいれば意味なし

・こまめな店内の清掃
 →人員体制上ムリ

・アルコール消毒スプレーorジェルを設置し、入退店時に使ってもらう
 →入手困難、盗難の恐れ

私が思いつく対策はこの程度です。
上記の中では、「店内椅子の撤去」が最も現実的かなと思っています。
その前にお客様が減り、自然と密集も解消される気がしないでもないですが・・・。

売上の心配はもちろんありますが、経営者として周囲への影響についても考える時期に来ているのかなと感じています。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。