久々に太陽光の話題を。

「コロナ禍の影響を受けず太陽光は安定稼働でウハウハだぜ」

私は当ブログで、度々このような発言をしておりました。
確かにその通りではあるのですが、実は最近やらかしていたことに気が付きました。

数日前、直近の売電の検針票が届いたのですが、なんだか金額が少ない気が。
ほかの現場と比べるとやっぱり少ない。
期間中の天候を調べましたが、特に雨が多かったわけでもない。
明らかにオカシイ!!

嫌な予感がしたので、慌てて遠隔監視装置の過去の履歴を見てみると・・・。

7台あるパワコンのうち1台が、一か月前から止まっていました(涙)
1/7、つまりこの一か月間約15%の損失を垂れ流していた事になります。

ましてや今は、年間で最も発電量が多い時期。
そんなかき入れ時に、パワコンを一台止めての自主休業をしてしまったようなものです。
あ~あ、やっちまった。

太陽光をやっている人あるあるだと思いますが、私も当初は毎日のように遠隔監視装置を確認し、日々の売電状況にニンマリしておりました。
それがいつしか確認間隔が10日に一度になり、一か月に一度になり。
最近は監視装置を全く見ておらず、毎月の検針票を見る程度に。

慣れは恐ろしいですね。


この事を太陽光の師匠に話したところ
「遠隔監視の確認は日課にしましょう」
と、至極真っ当なお言葉を頂戴してしまいました。

はい、仰る通り。
そのための監視装置ですよね。
以後気を付けます。


まぁ、それでも私は「休業補償保険」に入っているので、時間が経ってから売電されていないことに気が付いても、保険でカバーできるから余裕じゃんと軽く考えていました。

でも、そんな考えも大甘だという事を師匠から教えてもらいました。

そもそも保険というものは、何らかの原因により「故障」が発生したときに効力を発揮するものです。
原因として落雷、風水害、悪戯など、幅広く保証されますが、あくまでも「機器の故障」がキーになります。

ところが太陽光では、機器の故障が発生しなくても売電できなくなるケースが結構あるそうです。

例えば、パネルへの着雪や発電所周辺の停電。
昨年の台風15号の際は、周辺停電のため私の現場も数日間発電ができなくなりました。
ただ、これは数日で自然復旧するので大きな問題はありません。

厄介なのはブレーカーが落ちてしまうこと。
機器が壊れなくても、ブレーカーだけが落ちてしまうことはままある事だそうです。
ブレーカーは自然復旧しませんし、落ちている間は売電もできません。
気が付くまで長期間の影響がでてしまうのです。
そして、損失に対して保険は効かない・・・。

だからこそ、定期的な稼働状況の確認が必要になるわけです。
太陽光は機械相手ですから当たり前のことですね。
そんな当たり前すぎることができていなかった私。
大いに反省です。

まぁ、それでも太陽光の手間は圧倒的に少ないですし、安定していることに変わりはありません。
手間なし楽々~とはいえ、手間ゼロではないですよというお話です。

ちなみに今回のパワコン問題ですが、今のところ原因不明ですが機器故障であることはほぼ間違いなさそうな状況です。
機器故障であれば、保険適用の可能性が出てきます。

なんとか保険が出るような形で着地したいなぁ・・・。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。