タイプじゃない人が担当についた場合、どのタイミングでチェンジをお願いしますか?

イカガワシイお店のお話ではありません。
仲介会社さんのお話です。

現在募集中のお部屋があるのですが、久々に担当がハズレ気味。
相手は50代のベテランおじ様。

実は「50代」という年齢に、最初から嫌な予感がしていました。
以下、私の経験上の独断と偏見に満ちた内容なので、気分を害された場合はご了承ください。


ある程度規模の大きな仲介会社の場合、50代にもなって賃貸客付けの現場に出ているのは、かなり怪しいと思っています。
売買仲介だと多少シニアな方はいらっしゃいますが、賃貸の場合は20~30代が中心。
若いうちに実績を上げる「できる営業マン」は出世して店長になり、その後本部の事業へと移り、徐々に現場の第一線からは退きます。
あるいは独立して、自分の会社を起業する人も多いです。

つまり、50代にもなって現場に残っている人は、それなりの人である可能性がかなり高い。

例外としては町の小さな不動産屋さん。
ファミリー経営の小さな不動産屋さんの場合は、敏腕社長や古参の幹部がシニアになってもバリバリ現場で働いている事もあります。
見極めがちょっと難しかったりしますが・・・。


で、今回の担当さん。
残念ながら大手系のベテランさんです。

メールを打っても反応ない。
引継ぎが雑。
条件変更をお願いしてもやらない。
やっても仕事が雑でポータルサイトの検索条件漏れまくり。

コロナのせいで忙しいのかな?
私の伝え方が悪いのかな?

私に改善点があるのかもと考えてみました。
でも、これまで10年間色々な担当さんと相対してきたのと同様の対応を行っており、
特に変な事や分かりにくい事は言っていないはず。

実は今までの担当さんが全員超優秀で、私の意図を酌んでよろしくやって頂いていただけだったとか?
そうだとすると「私が面倒でダメな奴」という事であり、今頃突き付けられたようで相当怖いですが・・・。


もしかしたら、ネットなんかに頼らないスゴイ営業マンなのかも。

「ポータルの詳細条件登録なんて無駄だからやらないよ」
「俺が客を付けてやるからガタガタ言うんじゃねぇよ」

みたいな。
だったら頼もしいですが、このまま待つのはちょっと怖い。

これまで相性が合わない担当で入居がサクッと決まった試しがなく、このまま待つのはかなりリスクがある気がします。


依頼メールを送付。
イライラしながら一週間内容更新があるか確認する。
「届いていないかもしれないので・・・」みたいなフォローを入れつつ同じ内容のメールを再送。
また一週間待つ。
忘れた頃に「もう更新しているよ」と返信あり。
確認すると更新内容がテキトー。
またメール・・・。

みたいなエンドレスループはもうヤダな。
なんだか「私がメンドクサイ奴なんじゃないか?」という気分になってきます。
実際そう思われているのかもしれませんが。

でもね、言ってることは「エアコンあり」とか「ドアホンあり」の条件を追加してくれという程度なんですけどね。


シニアな方はやたら電話好きな気がします。
もしかしたらメールが嫌いで、電話で話せば反応が変わるのかな?

でも、同じお店のこれまでの別の担当さん達とはメール中心だったしなぁ。
電話はログが残らないので、個人的には嫌いです。

というわけで、別の担当にそれとなく聞いてみて、チェンジの方向で動いてみたいと思っています。

相性の合わないまま仕事をしてもうまくいきません。
可能であれば早めのチェンジを行う方がお互いのためだと思っています。
ましてや50代であれば、すぐに何かが変わるとは思えませんし。


「シニア使えねぇ」みたいなトーンの話をつらつら書いてしまいましたが、もちろんそんな事はありません。
ただ、年を取るほど2極化が激しくなるのと、相手から求められるものも高くなるので、余計に粗が目立ちやすいのかなと思っています。

私もそろそろシニアなお年頃。
「使えねぇ」とか「融通が利かない」とか。
そんな事を言われないよう、自己研鑽を重ねつつ、今まで以上に柔軟性を意識しないといけないなと感じる、45歳の今日この頃です。

「柔軟性を意識するなら、まずは電話など連絡手段を変える等、方法を変えてみれば?」
「メールに固執するお前が一番ダメなんじゃないの?」

そんな声も聞こえてきそうです。
仰る通りかもしれません、でも・・・。

メンドクセー!!


ごめんなさい、もう嫌なんです。
私のこう言う所がダメなのか、それとも正しいのか。

ムズカシイですね。

ただ、決めるのは私なので、やりたいようにやりたいと思います。



執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。