退去の際にハウスクリーニングは行うと思いますが、エアコン清掃はされているでしょうか?
私は必ずエアコン清掃を行うようにしています。

きっかけは自宅のエアコン。
なんとなくかび臭いなと思ってはいましたが、一度プロの業者さんにエアコン内部清掃を行って頂いた所、まぁ汚い汚い。

特に居間のエアコンは最悪でした。

いくら換気扇をまわしても、料理の際に空中へと飛び散る油は浮遊して、どうしても居間へと流れてしまいます。
それをエアコンがホコリと一緒に吸い込むので、油分を含んだホコリがフィルタや熱交換器に付着します。

これ、中々取れないんですよね。

また、エアコン内部のカビは稼働時間に比例して付きやすくなるそうです。
だから最も稼働時間の長い居間のエアコンが一番汚い。

我が家でも居間と寝室ではエアコンの汚れの差は歴然。
5年放置した寝室のエアコンより、2年放置の居間の方が圧倒的に汚かったです。

キッチンと居間が多少離れている自宅でもこんな有様ですから、キッチンとの仕切りがほぼ無いアパートならどうなっているか・・・?
想像したくない感じです。

「やっぱりエアコン清掃もやってあげた方が良いかも」

という考えに至り、以来退去後には必ずエアコン清掃を行うようにしています。

「新居に引っ越ししてエアコン付けたら、かび臭い空気がブワ~~」

だと、折角の気持ちも萎えるじゃないですか。
せめて最初位はフレッシュな空気にしてあげたいと思っています。

ただ、エアコンの内部洗浄は、素人が手を出すと危険な代物です。

ドラッグストアなどで、スプレータイプのお手軽なエアコン清掃剤を売っていますが、そもそも洗浄効果は気休め程度のようです。

「泡で熱交換器のフィンに溜まったカビを落とす」

という触れ込みですが、そもそもカビの以前に埃が落ちないので効果は限定的でしょう。
以前は私も自分でスプレー洗浄を行っていましたが、スプレーの香りでなんとなく誤魔化されるものの、イマイチ効果を実感できませんでした。

プロの清掃を見ればわかりますが、熱交換器の清掃にはコンプレッサーを使用します。
かなりの水圧をかけて念入りに内部を清掃すると、ホコリカスと共に黒い液体がドボドボ出てきます。
逆に言えばそれくらいやらないと汚れは落ちないのです。

また、洗浄液を金属部分に吹きかけてしまうとエアコンが故障します。
故障だけならまだマシですが、最悪の場合火災につながる恐れもあります。
火災は怖いですよね。

もう一つエアコン清掃を行う理由は、水漏れの防止です。

エアコン故障の内、エアコンが付かないとか冷えないと言った事象よりも、水漏れがすると言われる事の方が多くありませんか?

水漏れの原因は殆どの場合ドレンホースの詰まりか結露であり、直す事が出来る障害です。

結露については、フィルタの掃除をしていない場合に良く発生するので、普通にフィルタ清掃をすればOK。

ドレンホースの詰まりについては、ホースの出口、内部、エアコン室内機側の何れかで詰まりが発生しているので、それを取り除きさえすればOK。

業者さんに清掃をお願いすると内部はもちろん、ドレンホースについても清掃(といってもドレンホースクリーナーで引っ張るだけですが)を行うので水漏れの予防にもなります。

入居者さんによっては、軽い水漏れなら報告しない人もいらっしゃいます。
そして、次の方が入居して発覚なんて事もしばしば。

せめて入居時点では、エアコンは空気も排水も完全な状態にしておきたいなと考え、業者さんの清掃を入れる事にしています。
エアコンって、生活の質に大きく関係しますからね。

自宅も一昨日エアコン清掃を行いました。
お陰様でフレッシュな空気で夏を迎えられそうです。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。