コロナの影響もアリ、最近はすっかりお任せ退去立会い&お任せ募集に味をしめております。
5月以降バタバタと3件の退去がありましたが現場への出動はゼロ。
言われるがまま清掃だけお願いし、終了しています。

でも、入居付けはこれまでになく好調です。
このブログでもお話しましたが、GW明け退去だった部屋は退去前にお客様決定。
入居付けにやや苦戦する物件なのに、奇跡のような展開でした。

そして昨日。
別の物件ですが、「退去翌日にご案内したところ即決定」とのご報告がありました。
しかも、順番待ちが3人もいらっしゃったそうです。

こちらの物件は入居付けにそれほど苦戦する物件ではありませんが、それでも退去の翌日決定は7年間で初めての快挙。
ありがたいやら、びっくりするやら。

偶然かもしれませんが、これらの物件達にはいくつかの共通点があります。


【1.退去時の状態が良かった】

とても綺麗に部屋をお使い頂いたので修繕の必要もなく、ハウスクリーニング前にも関わらず内見に耐えられる状態でした。
幸運にも前入居者様に恵まれたようです。

【2.インターネット無料】

どちらの物件もインターネット無料です。
入居者はお勤めの方ですが、テレワークを行われているのか否かはわかりません。
まぁ、インターネット無料が決め手になったと聞いたわけでもありませんし、たまたまかもしれませんね。

【3.近隣からのお引越し】

どちらも5km以内の近場からのお引越でした。
引っ越しの理由はわかりません。
ただ、元の家が線路の近くの方がいらっしゃいました。
コロナで家に居る事が増え、線路の音が気になったとか?

もう一方は実家からの独立。
コロナで家に居る時間が多くなり、家族と顔を合わせる時間が増えたたのが嫌だった?
あくまでも私の勝手な想像です。

まぁ、共通点の1番は兎も角、2と3は偶然なのでしょうね。
ほんと、たまたまなんだと思います。


それにしてもこうポンポン決まるとは一体何が起きてるんだ??

今まで退去の都度物件を確認し、手間をかけていたのは何だったのでしょう。
丸投げの方が良く決まるなら、私が行ってきたことはむしろマイナスだったのではないかと少し怖くなります。

現場の人にしてみれば、鬱陶しかった?
めんどくさかった?

でも、自分で言うのもなんですが、退去の都度確認し手間をかけて来たからこそ、立地がイマイチの築30年超え木造であっても、なんとか競争力を保っているのだと思います。

そんな今までの行いを見ていた不動産の神様が、コロナ禍で不憫に思いご褒美をくれたのかもしれませんね。


さて、残る空室はあと1室。
先日ブログで書いた担当がイマイチ部屋です。

週末も少し離れた別の店から空室照会が来たので期待しましたが、残念ながら成約には至らず。
というか、鍵を持っているお店が物件とは反対方向であり、取りに行くのが面倒なのでおそらく案内を行ってないと思います。

いつもなら私が現地にキーボックスに置くので、内見時に鍵を取りに行く手間は発生しないのですが・・・。

この部屋だけうまく回っていませんね。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。