1つ残っている空室を埋めるべく、久々に出陣してきました。

思えば、2/27以来電車に乗るのは4か月ぶり。
東京を超えて千葉県の物件まで行ってきました。


本日の主な任務。

・仲介会社へのご挨拶
・鍵の受け取り
・物件にキーボックスの取付
・室内写真の撮影


まずは仲介会社へGO。
ここ数年何度もお客様を付けて頂いたにも関わらず、一度もご挨拶に行けておりませんでした。
折角の機会なので、手土産を持ってご挨拶。

ただ、残念ながら当時の担当はすでにおらず、「あんた誰?」状態。

まぁ良いです、渡した手土産を食べる時「これ○○オーナーからです」なんてちょっとしたネタになれば。
少しでも爪痕を残せるでしょう。
残念ながら年配担当はご不在。
会わなくてよかったような、良くなかったような・・・。
その代り若者に託しておきました。

経緯は割愛しますが、退去後物件のカギはこの支店にありました。
物件までは距離があり電車で8駅くらい。

他の支店が物件のご案内をするためには、わざわざ鍵を取りに来る必要がありますが、物件から遠いので行くのがメンドクサイ。
実際、先週も一件逃しています。

この状況は非常にマズイので、キーボックスを物件に置く事にしました。
まぁ、いつもはそうしているんですけどね。
今回はコロナもあって、なんとなくサボっておりました。


鍵を受け取りイザ物件へ。
そして室内写真を撮影。

鍵を持ってた仲介さん。
残念ながら室内写真は撮ってくれませんでした。
それじゃポータル見たお客様に響かないよ・・・。
遠いから面倒だったのか、支店間のしきたりなのか?

複数の店舗を展開する一部上場の大手さんですが、募集と管理の体制が少々複雑で、今だに私が理解できていない所があります。
この話は別の機会に。

募集条件の登録に続き、これ以上文句を言って人を動かすのも嫌なので、物件に行ったついでに私が室内写真を撮っておきました。

イザ撮影と思ったら、室内の電気が付かない!
そう、この部屋はスマートメーターに変わっていたのです。
スマートメーターだと、契約が切れると同時に電気が使えなくなります。

昔のメーターならしばらく使えたので、契約が無くても内見時に電気が使えてよかったのですが・・・。
スマートメーターは大家泣かせですよね。

それでも、カメラの露出をプラス補正して何とか明るい写真を撮影。
9mmの超広角レンズなのでかなり部屋が広く見えます。


帰宅後は写真の加工。
社内システムに合うよう写真のサイズを小さくし、ファイル名を付けます。
写真に関する仕様は以前教えてもらっていたので、私の方でそのまま使えるように加工します。

出来上がったらメールに添付して送付。
ここまでやったのだから、すぐにポータルに掲載してくれるはず。

もしすぐにやらなかったら・・・。
私、かなり舐められてますね。

最後に物件の電力契約を実施。
内見時に照明やドアホンが付く方が、やっぱり良いでしょ?
夜間の内見があるかもしれないし。


と、久々に不動産大家としてのワークを行いました。

やっぱりこうだよね。
自分で動かなくっちゃ。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。