毎日暑い日が続きますね。
我が家は昼も夜も、もちろん就寝中もエアコンつけっぱなし。
もう何日連続稼働なのでしょう・・・。

7月1日~8月18日までの東京23区内における熱中症死者は101人。
内、94人が屋内での事例だそうで、適切なエアコンの利用はもはや命を守るためにも必須ですね。

生活必需品ともいえるエアコンですが、世の中にはエアコンの無い部屋というのもまだ多くあります。

「今時エアコンが無いなんて、どんな家なんだ??」
と想像もつかないかもしれませんが、意外と身近な所にありました。
かつての私の私の所有物件です。

10年近く前に購入した木造アパートですが、当時エアコンが付いていない部屋がありました。
その部屋は高齢のお母様とその娘さんの二人暮らし。
2階で日当たり最高。
冬は暖かく日中なら暖房入らずですが、夏は想像を絶する暑さであったと思います。

なのにエアコンが付いていない・・・。

生活保護世帯でも無いですし、娘さんも定職についていましたから、エアコンを購入できない程経済的に困窮していなかったと思います。
エアコンが嫌いだったのかもしれませんね。

前オーナーからの古参入居者ですし、そもそもエアコンの使用は個人の自由なので、物件購入後しばらくそのまま放置していました。

夏になり、その年は記録的な猛暑に。
連日の35℃超えで熱中症による死者の報道も増えてきたところで、気になったのはエアコンの無い部屋の入居者さん。
高齢のお母様は大丈夫だろうか?

流石にエアコン無しはマズいと思い、サービスのつもりでエアコンの設置をする事にしました。

エアコンをつけてくれる大家なんて太っ腹。
好印象で入居期間も伸びたらいいなぁ・・・、なんてスケベ心も多少ありました(笑)。

エアコン効果か、酷暑だった夏は何事も無く過ぎ去っていきました。
しかし、翌年退去。
エアコンプレゼント効果は全くなかったようです(涙)。

まぁ、熱中症で事故物件にならなかっただけ良しとしましょう。
少しでも快適に過ごして頂けたならそれでよいです。

このお部屋には後日談があります。

その後に入居した方の話によると、夏はとても暑くてエアコンをつけても中々部屋が冷えなかったそうです。
6畳用の安物エアコンでは対応できない程の酷暑部屋。
そこまで暑い部屋だったとは私も知りませんでした。

そんなお部屋にも関わらず、エアコン無しで生活をしていた入居者さん。
扇風機だけでよく耐えられたなぁ。
昔からの生活で、暑さが当たり前と思い受け入れてしまうと、案外そんな物なのかもしれませんね。

でも、そこが危険な落とし穴なのでしょう。
これまで大丈夫だったから・・・、という思い込みは怖いですね。

今では所有物件にエアコンのない部屋はありません。
ただ、高齢の方が何名かいらっしゃるのは少し気がかりです。
特に高齢の方は、エアコンがあっても使わない方もいらっしゃるからです。

夏に見に行くと皆さんエアコンを使っているので、今のところは心配無さそうですが、
テレビやCMでエアコン使用に関する啓蒙活動をもっとして欲しいですね。

少なくても、7月、8月に限っては、コロナよりも熱中症の方がはるかにリスクが高いと思うので、同じくらい騒いで欲しいと思っています。

また、大家としても「春にエアコン試運転のお願い」とか入居者さんにお知らせしてあげると良いのかなと思います。
夏にエアコンが故障すると、交換まで最悪一週間近く待たされることがありますからね。
私も過去に何度か経験があります。

そんな時は納期優先で少々高くても仕入れられるやつを入れてもらいます。
大家の経済的負担は大きくなりますが、入居者さんの命には代えられません。
(結局火災保険つかって、ペイ出来たりするのですが)

まだしばらく暑い日が続くので、エアコン故障の連絡が入らない事を祈ります。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。