普段から支払いのほとんどをクレジットカードで行っていますが、今回「kyash card」というカードを新たに作ってみました。

このカード、普通のクレジットカードではありません。
プリペイド式のカードになります。

プリペイド?
なんでそんな面倒なカードをわざわざ作るの?

そんな声が聞こえるかもしれませんね。
でもこのカード、1%ポイントが余計に付いちゃうカードなんです。

通常クレジットカードで支払いを行う際は、クレジットカードのポイントのみが付きますね。
ところが、kyash cardを間にかます事でポイントの2重取りができます。

具体的には、まずkyash cardにチャージを行うためのクレジットカードを紐づけておきます。
そのクレジットカードでkyash cardにチャージ。
ここでクレジットカードのポイントが付きます。

次にチャージされたkyash cardを使って支払い。
この時、kyash cardのポイントが1%つきます。

こうして、クレジットカードとkyash cardのポイント2重取りが可能となります。
ちなみに、kyash cardのポイントは、1ポイント=1円としてkyash cardでの支払いに使う事ができます。

ポイント2重取りが可能な事はご理解頂けたと思いますが、それでも事前にkyash cardへチャージしなければならない点が面倒に感じられるかもしれませんね。

でも、オートチャージの設定が可能なので、実際にはクレジットカードと同じように使う事ができます。

例えばkyash cardに残高が0円の状態で500円の決済を行うと、紐づけしているクレジットカードから500円が自動でチャージされ、kyash cardの支払いに使われます。
なので、事前にチャージを行っておく必要はありません。

使い勝手が良いにも関わらず、1%余計にポイントが付く。
地味ですが使えるカードだと思っています。

ただ、このカードのデメリットもいくつかあります。

まずは発行手数料。
カード発行には900円かかり、カードの有効期限は5年です。
つまり、5年間に9万円以上決済をしなければ赤字です。
流石に9万円の決済は余裕でしょうから、大したデメリットにはなりませんね。

次のデメリットとしては、決済金額が少ないという事。
1回の決済金額上限が30万円。
月間の決済金額上限は100万円。
この枠は増えません。

使用できる範囲が狭いというデメリットもあります。
ガソリンスタンド、高速道路、一部のホテルや航空会社。
毎月継続的に発生する支払い(公共料金など)は使えません。
ただ、普通の買い物では問題無く使えますし、オンラインショップでも使用可能です。

もう一つ、これが最大のデメリットかもしれません。
通常のクレジットカードであれば、不正利用をされてもカード会社が保証してくれますが、kyash cardは所有者がまるかぶりしてしまいます。

不正利用に対する対策は、カードの使用可能金額を少額に設定しておく事である程度回避できます。
1回の決済金額上限、月間使用金額上限共に、スマホのアプリからリアルタイムで設定できるので、使用状況に合わせて変える事でリスクヘッジになります。

また、オンライン決済を停止すればさらにリスクヘッジになります。
こちらもスマホアプリから設定が可能です。
不正利用のほとんどは、カード番号総当たりによりオンライン上で発生しますので、オンライン上でカードが使えなければ被害に遭う確率はかなり低くなるでしょう。

究極の方法としては、カード自体をロックしてしまう事もできます。
使う時だけスマホからロックを外し、それ以外は常にロックしておけば、不正利用の恐れは殆どないでしょう。

なお、kyash cardに関する詳細情報につきましては、、こちらの公式サイトをご確認ください。

たかが1%ですが、されど1%です。
1000円ならたった10円の違いですが、100万円なら1万円の違いです。
セコイと思われるかもしれませんが、手間が変わらないのに収入が増えるなら、使わない手は無いと私は思っています。

まぁ、この手のカードはそのうち改悪されて、オートチャージに対してポイントが付かなくなるのがオチだと思っています。
だからこそ、使えるうちに使っておきたいですね。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。