しょーもないタイトルでゴメンナサイ。

さて、9月一発目のネタはコインランドリーです。

皆様もご存じの通り、8月は猛暑続きで殆ど雨が降りませんでしたね。
関東地方も連日の35℃超え。
洗濯物なんて2時間も干せば乾いてしまいますから、乾燥機の出番はありません。

私の店は徒歩や自転車でいらっしゃるお客様がメインです。
車ならまだしも、この暑さの中誰が好き好んで洗濯物を抱えてランドリーに行きたいと思うか?
そりゃ、布団等の大物洗いも減りますね。
洗濯機の出番もありません。

基本的に夏はコインランドリーの出る幕がないのです。

7月は記録的な長雨で大いに売り上げを伸ばしましたが、8月は酷暑のため対前月比4割以上の減少。
結局7月と8月を足して2で割ると、普通の月と同じだったりします。

まぁ、天気にはかなわないですね。

ただ、少し深刻なのは3月から続く謎の売上減。
対前年比10数パーセント減が続いており、この傾向は売り上げ好調だった7月も、酷暑の8月も同じ。
天候のせいでは無いようです。

この間近隣へのライバル店出店は無し。
周辺の店の価格を調査しましたが価格変動も無し。
原因がわかりません。

ただ、売上減が始まった時期とピッタリ合うのが「コロナ」です。

お客様の生活パターンが変わり、週末のまとめ洗いが減ったのか?
コインランドリーという不特定多数が使う場を敬遠する人が増えたのか?

3月は12%減。
4月は20%減。
5月以降は持ち直し毎月10~12%減程度。

コロナに対する世の中の(マスコミの?)恐怖感に似ている感じですね。

まぁ、売上減の理由が本当にコロナの影響かどうかはわかりません。

短絡的に原因をコロナに求めてはいけないのかも知れませんが、今の所他に思い当たる事が無いのが怖いですね。

日照りもあれば雨もある天気は、コインランドリーにとって味方になる事もありますが、ウィルスは敵にしかならないようです。

ただ、売り上げが10%下がっても、当店はまだまだ黒字経営。
無人経営というコインランドリーの利益率の高さに救われています。
今はできる事をやりながら、耐えるしかないですね。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。