以前このブログで、Kyash cardというカードを紹介しました。

普段のクレジットカードに紐づける事で、いつでも1%余計にポイントが貯まる便利なカードなのですが、「不正利用に対する補償がない」というデメリットがありました。

ところが最近カードの仕様が変わり、不正利用に対する補償が付きました。

これは非常に大きいですね。
個人的に補償無しが最大のデメリットと思っていたので、これでかなり使い勝手が良くなりました。

ただ、補償内容については一般的なクレジットカードよりも厳しく、少し注意が必要です。

・不正利用が発生した日から10日以内に申請が必要
(10日を過ぎた不正利用は補償されない)

一般的なクレジットカードの場合、翌月のカード明細を見て気が付く事が多いかと思います。
つまり、不正利用から一か月以上経過して気が付く事わけです。
実際多くのカード会社では、60日前までの利用分に対し補償されます。

しかし、Kyash cardの補償期間はたったの10日間です。
一見とても短いように感じますが、これには理由があります。
Kyash cardは利用の都度、ほぼリアルタイムでスマホのアプリに通知が来るので、身に覚えのない利用があった場合はすぐに気が付きます。

「自己責任でチェックして、不正があったらすぐに連絡してください」という事ですね。
もう一つ、大きな注意点があります。

・前回の補償から1年以内の不正利用は補償しない。

一般的なクレジットカードの場合、補償に関する回数制限や頻度の制限に関する条項は基本的に無いはずです。
(何度も繰り返せば故意を疑われるでしょうけど)

ただ、Kyash cardは、前回の補償から1年以内の不正利用を救ってくれません。
「何度も不正利用されちゃう奴は知らないよ」という方針のようです。
ココでも「自己責任」の考え方が出ているのだと思います。

前回のブログでもお知らせした通り、不正利用を防ぐために自ら対策を取りましょうという事です。

スマホのアプリでリアルタイムにカードの設定を変えられるからこそ、不正利用防止のため、下記のような柔軟な運用ができます。

・1回の決済金額を低くして、使用に応じてその場で変更
・オンライショップの決済利用を基本OFF、使用時だけONにする
・使わない時はカードをロック、使用時だけロック解除

ここまでやって普通に使えば、1年に2回も不正利用されるような事は殆ど無いと思います。
まぁ、うっかりカードロックしたままスーパーで使おうとして、カードが通らず慌てた事もありますが・・・。

このように、Kyash cardは通常のクレジットカードよりも「自己責任」という考え方が強く根底にあるのだと思います。

この部分を、「クセが強い」と捉えるかもしれませんが、使いこなせば非常に便利なカードです。
私は早くも発行手数料の900円を取り返し、これから貯まるポイントはプラスになります。

まぁ、この手のカードは数年で改悪され、どうせポイントが付きにくくなるとは思いますが、それまでの間徹底的に使い倒してやろうと思っています。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。