私、最近は結構真面目に家を探しています。
投資物件ではなく「家」、マイホームです。
子供たちが大きくなり、現在の家は若干手狭になってきたので、次なる住処を探しているのです。

家を探すにあたり、私はこんな発想をしてしまいます。

1.子供が一緒に住むのはあと10数年程度
2.その後は広い家なんていらない
3.収益生まない自宅にあまりお金をかけたくない
4.プレミア価格の新築を買うとかありえない

中古の貸家が良いんじゃね?
広いし、ちょっとした庭でもあれば最高!!
やっぱり戸建は男のロマンです。

中古の貸家を妻に提案したところ、即座に却下されました。
賃貸は嫌だそうです。

私としては合理的な判断だと思うのですが・・・。
やはり世間とは多少(極端に?)ずれた発想のようですね。


「じゃぁ戸建はどうよ?」

と聞いたところ、「ペラペラ建売のいかにもオー○ンハウスみたいな家は嫌」との事。
確かに、テトリスのように絶妙な配置でひしめき合う戸建は私も嫌かも。
土地が小さく資産性も低そうで、将来の売値が心配です。
30年後にローン完済したオー○ンハウスに、どの程度の価値が残っているのやら?
ここは妻と意見が一致しました。

もし戸建にするなら、「駅徒歩10分で2階建のしっかりしたやつが良い」と奥さま。
良いですねそんな家。
ちょうどピッタリの家が、近所で売りに出ていました。
1.5億の豪邸ですが(笑)。

まぁ、頑張れば買えなくもないのですが、マイホームにそんなお金をかけるのはものすごく抵抗感があります。
家や庭が広くなれば、主夫である私の家事負担も増えますし・・・。


「賃貸併用住宅は?」

という発想もありました。
一応大家なので、入居付けと物件運営に自信と経験があります。

でも、自宅の敷地に他人が住むのはやっぱり嫌と妻のお言葉。
しかも、賃貸併用住宅は売りにくい。

時々売り物件を目にしますが、利回り5~6%なので投資目的では買えない。
かと言って土地値が出るわけでもない。
あくまでも「ちょっと安いマイホーム価格」で売られる事が多いですね。

これでは中途半端で、投資家も実需の人もどちらも買わない。

終の棲家として一生住むつもりなら良いですが、今後10年程度を見据えた我が家の目的には合わないので今回は却下。

というわけで、今は中古マンションを中心に探しています。

実は現在のマイホームも中古の分譲マンションです。
ただ、入居時に全室クロス張替、ビルトインコンロの交換、食洗器設置、ウォシュレット交換を行ったので新築みたいになりました。

工事はいつもの業者さんに発注&施主支給&ウォシュレットを自分で交換。
やってることは所有アパートのリフォームと一緒。

50万かけてちょっとした内装工事を行えば、家はかなり生まれ変わります。
これは、アパート大家である私には当たり前の発想でしたが、妻には少し新鮮だったようです。

この時は、サンゲツのショールームに行って、妻と一緒にCFや壁紙を決めました。
気分だけは新築の注文住宅。
一緒に選ぶのも楽しかったですね。

なので、今回も同じ作戦を考えています。

出来れば、共用部などマンション自体は綺麗だけど、その部屋だけ汚い物件があれば良いですね。
しかも建具は無事で、壁だけ荒れているなら最高です。
修繕費を抑えつつ、安く買えますから。
相場より安く買えば、売却時には儲かるかもしれませんし。

いかん・・・。
どうも私は「売った時に儲かるか?」ばかりを考えてしまう。
大家の性ですね。

マイホームは生活の場であるわけで、経済合理性だけでは決められません。
かと言って欲望のまま求めれば、大いなる浪費です。

そこのバランスが難しいですね。
ただ、一つ言える事は、「妻の意見は絶対である」という所でしょうか。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。