4連休も相変わらずゲームに動画に忙しい我が家の受験生。
彼を見ていると、目標設定の重要性を改めて感じさせられます。

彼にも一応「志望校」というものはありますが、どうも本気の「志望」では無いような気がします。

心の底からほとばしる。
何が何でも行きたい。
絶対に俺は行くんだ。

こんな気合を感じる事ができません。
恐らく、彼の中での受験に対する目標設定が弱いのだと思います。
だからこそ日々をダラダラと過ごしているのでしょう。

中学受験も志望校も、一応自ら決めた事になっています。
しかし実際は、親の意向を察し、周囲の人々に流され、なんとなく受験を決意したように見えてなりません。

まぁ、小学生ですから多くを求めるのは酷です。
良くも悪くも、影響されやすい事は仕方がありません。

「明確な目標設定を行いそれに邁進する」

という事は、大人でも非常に難しい事ですから。


お金の話で申し訳ないのですが、いわゆる投資系の高額塾に私は何度か行った事があります。
30万や50万という大金を払うやつです。

そこまでの大金を払う理由はただ一つ。

「収入を増やしたい」

子供の中学受験と比較するのも申し訳ないくらい、汚い欲にまみれたまさに「欲望」。
でも、ストレートな欲望な分、強い目標設定ができるはずです。

この手の高額塾で始めに講師が行う事はなんだかご存知ですか?

「目標設定」です。

なぜこの塾に入ったのですか?
お金持ちになりたいからですね?
お金持ちになって何しますか?
その姿を想像してください。
具体的に想像してください。
いつまでになりますか?

こんな問いかけをシツコイくらいにやります。

「海の見える戸建に住んで、ベンツSLで海岸線をドライブして・・・。」

みたいな、お金持ちになった後の具体的な映像を想像させる事で、強い動機づけを図ろうとします。

要は「俺は金持ちになる!!」という思いを、体に染みつけさせます。

その上で、講師はこう畳み込みます。

あなたはできる、必ずできる。
私の言う通りにすれば必ずできる。
私はそのための労を惜しまず、皆さんをサポートします。

「だから、今後は私の言う事を必ず守ってください」

講師は参加者に強い意識付けをさせる事で、その後の講義が進めやすくなります。
参加者の熱量も上がりますから、少々困難な課題もこなしてくれる事でしょう。

結果として、成果を出す人が多くなり、高額塾としての目的を達しやすくなるのです。

ただ、ここまでやってもうまく乗れない人を多く目にします。
私もそうでした。

目標設定にイマイチ乗り切れない事があります。
「どこの新興宗教だよ」
となんだか小ばかにしてしまって・・・。

最初で気持ちが引いてしまうともう駄目です。

講師の説明にも、「メンドクセー」と思ってしまいます。
「そこまでやらなきゃいけないの?」とも。

結局途中でフェードアウト。

数か月生活ができる程の、高額な受講料を払っているにも関わらずこのザマです。
「お金が欲しい」というのは結構ストレートな欲望だったはずなのに・・・。
こんな参加者、私以外にも多くいらっしゃる事でしょう。

それくらい「目標設定」と言うのは大事です。

たとえ50万払っても辞めてしまう事がありますが、一銭も払っていなくても
目標設定がしっかりしていれば努力を続けることができます。

「絶対会社を辞めてやる」

という私の強い目標設定のおかげで、見事実現する事ができました(笑)。
心の底から湧き上がるような思い。
それに対する目標設定には、すさまじいパワーがあります。

私は精神論が嫌いです。
でも、やっぱり成功のためには「思い」なんだよなぁ。

じゃぁ何なら「思い」を強く持てるのか?
それを見つけるのは難しく、色々試してみるしかないですね。


話を元に戻し、息子の中学受験について。
我が息子には、残念ながら受験に対しそこまでの思いが無いように見えます。

でも、本人が思わない事に対し、親が無理やり火をつけるのもなんだか違う気がします。
普通の小学生なんて、自ら進んで勉強などしない生き物でしょ?

まぁそれでも焚きつけて、何とか燃やしてやるのが中学受験なのかもしれませんが。

ただ、彼は最近身体的に急激な変化をしています。
いわゆる思春期に差し掛かっていますね。
子供から大人へと変わるこの時期、どこかで精神的にもガラリと変わる可能性があります。
これは大人では起こらない事です。

また、塾の友達が上位クラスに行ってしまった事も、少しショックだったようです。
受験本番が近づき、周囲の熱量も今後ドンドン高まっていく事でしょう。

多感で柔軟性のある子ども時代。
何かのきっかけで、大きく変わる事もあり得ます。

残り4ヶ月チョット。
本人の「思い」が育ち、目標設定が明確になる事を願いつつ、見守りたいと思います。

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。