川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

カテゴリ: お金の貯め方

電力自由化から早2年が経ちますが、最近
値下げ合戦が激しい事をご存知ですか?


電力は2年前、ガスは今年から供給を受け
る会社を自由に選べるようになりました。


私も2016年の自由化と共に取り組み、
自宅、コインランドリー店舗共に、当時の
シミュレーションで最も安かった会社に代
えておりました。


あれから2年。


マスコミでもほとんど話題になる事がなく
なりましたが、電力会社の競争は当時より
も激化しています。

e6b97f893e050ac9dfc80d873965cea9_s























例えば我が家の場合、電気、ガスの年間使
用量は以下の通りです。


電力:約4000kw
(11.3万円)

ガス:約700立方メートル
(10万円)



2016年当初は、東京電力から東京ガス
のセット割りに移行し、年間5000円程
の費用削減効果が出ていました。


一般家庭ですし、まぁこんなものかと思っ
ていましたが、最近改めてエネチェンジ
シミュレーションを行った所ビックリ。


電気をエルピオ電気、ガスをレモンガスへ
とそれぞれ変えると、現在に比べ、年間で
さらに5000円以上の削減効果がある事
がわかりました。

また、切り替えキャンペーンを使えば、初
年度はさらに5000円以上削減されます。

しかも、解約手数料は無し。
将来今よりも良いプランが出れば、いつで
もペナルティ無しで移行可能です。


やらない方がどうかしていますね。



また、当方のコインランドリー店舗の電気
も、今までENEOS電気を使っておりましたが、
シンエナジーに移行しました。

こちらは電力消費量が大きいため削減額も
多く、年間で5万円程度の効果が出る予定
です。

電力消費量が大きいほど、効果も大きく
なりますね。



お金を貯めるために、固定費の見直しは、
お約束のセオリーです。

年間たった1万円の削減であっても、5年、
10年、20年と毎年の事ですからバカに
できません。

しかも、固定費は一度削減の仕組みを作れ
ばその後は自動的に削減され続けるので、
生活上のストレスもかかりません。



「毎月食費を1000円切り詰める」


とか、制約を意識し続けるのは嫌でしょ?
ストレスのある節約は絶対に長続きしませ
ん。



固定費の削減は、

「何も考えな無くても自動的に行われる」

という点が素晴らしいですよね。


そして、電気料金とガス料金のお支払いは
クレジットカードにしてポイントも残らず
ゲット。



たかが1万ちょっとの為に、こんな事まで
する私はセコイですか?

でもね、こういう小さなことの積み重ねが
重要なんだと思ってます。

世の中の情報に対しアンテナを張り、
貧乏臭くならない程度に生活を見直す。

同じ結果を得るために、もっとお得な方法
は無いのか探してみる。

大事ですよね。




電力会社やガス会社の変更はネットから
簡単にできますし、多くの場合変更に
対して費用もかかりません。
(契約内容により費用がかかる場合もあり
ます)

新たに契約した電力会社が倒産しても、電
力供給が止まる事はありませんし、4年に
一度の電気の安全調査も、今まで通り送電
業者(関東は東京電力)が行います。



つまり、手間はかからず、デメリットもな
く、料金だけが下がる。

やらない理由はありません。




それにも関わらず、2018年2月時点の
経産省統計では、電力会社の見直しを行っ
た件数は全国で9.5%。

最も多い東京でも13%しか変更を行って
いないそうです。

う~ん、モッタイナイ。



まだ切り替えを行っていない人。
既に切り替えているが、1年以上最新のプ
ランを確認していない人。

エネチェンジで確認した方が良いですよ。




今回のお話が少しでもお役に立てたなら
ポチっとお願いします。人気ブログランキングへ

前回の続きです。

もう一つの柱は「事業への投資」です。


株や債券は、それを発行する企業への
投資です。

対象の企業が行う事業(への期待)に
投資をしているわけです。



しかし、ここでいう「事業への投資」とは、
もう少し直接的な投資を意味しています。



1つは純粋な事業投資。


ある会社の事業に直接出資し、
利益の一部を配当として得る。

ちょうど一口馬主のような感じです。



携帯電話の事業に投資を行った、
所ジョージや大橋巨泉のお話を
ご存知の方も多いかと思います。

毎月ウン千万円の収入があるとか・・・。


化けると大きいのが事業投資です。




私も少額ですが、とある事業に
出資を行っています。


うまく行けば数年で、
出資金額の数倍の利益。

そのかわり、事業が失敗すると
お金がパーになる可能性もあります。


ハイリスク/ハイリターンですね。



ただ、事業投資には詐欺話が
沢山あり見極めが重要です。

自分と関係が薄い人からの売込みは、
ほぼ詐欺と思うくらいで
ちょうど良いと思います。


電話やメールの勧誘なんて・・・。
絶対にNOでしょう。


良い話が赤の他人から来ることは
まずありません。



なぜ収益が生まれるのか?
そもそもその会社は存在するのか?
事業内容は合法的なものか?
事業内容に実現性はあるのか?
出資の出口戦略はどうなるのか?
事業の売却か、永久保有か?
収益が発生するのはいつからか?
途中で権利の売却は可能か?


等々、確認すべき項目も沢山あります。



また、詐欺ではないものの、
事業自体の成功する可能性が
非常に低い物もあります。


それを素人が見極めるには
限界があり難しいわけで・・・。




一口当たりの出資金額が高額である事も
参入のハードルを高くしています。


一般的に1000万単位が多く、
安くても100万円単位。


「無くなるリスク」を抱えつつ、
この程度の金額をポンと出せる勇気が
必要です。



また、出資後ある程度の期間
お金がロックされる事もネックです。

一旦出資をしたら、数年はロックされると
思ってください。



1年償還の事業投資なんて、
逆に怪しいと思っています。


1年で償還できるくらいなら、
わざわざ小口で資金を集める必要など
無いでしょうし・・・。




と、いろいろと小難しい事がありますが
そこはハイリスク/ハイリターンの世界。


博打に見えるかもしれませんが、
運を天に任せる博打ではありません。


そこには「情報に基づく判断」が入ります。



情報に基づく判断ならば
競馬も同じだって?

あれは、胴元が30%搾取している
必ず負けるゲームです。

だから違います!!



ちょっと話がそれました。


確実そうな案件であれば、
「泣ける金額」
で積極的にやってみるべきと思います。




最後に、事業投資の案件情報は
どこで得る事ができるのか?


私の場合、知り合いからの口コミです。



不動産関連の勉強会、セミナー、
あるいはメルマガ/ブログの読者さん。

こんな所で繋がりのできた方々から
情報を頂く事があります。



もし、事業投資についてご興味のある方。

まずはコチラのセミナーに参加される事を
お勧めします。


時々、面白そうな話を聞くことができます。




今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ



前回の続きです。

私が行っている、不動産以外の資産運用
についてお話をしてみたいと思います。



1つの柱は投資信託。

しかも、外国の株や債券に投資する物です。



日本は「沈みゆく国」だと思っています。

人口が減って繁栄した国を
私は知りません。

投資をするなら、海外の方が有利だと
考えています。



また、国内不動産を所有していますので
これ以上日本資産の比率を高める事は
得策ではありません。



だから外国資産なわけです。



外国株、外国債券、外国リート。
いくつかの投資信託を保有しています。


投信信託は、スポット購入をした物も
ありますが、積立購入をしているものが
多いですね。


10年以上前から毎月積み立てを
行っており、徐々に育っています。



株は高低を繰り返しながら、長期的には
物価上昇を上回る速度で価格が上がると
されています。

外国株の場合、大よそ5%程度となります。



毎月一定額を積み立てる事で、
安いときは沢山買い、高いときは少し買う
事になります。


ドルコスト平均法という買い方です。



結果として購入単価が平均化され、
株本来のもつ長期的な値上がりを得ようと
いう作戦です。


非常に地味な作戦ですが、
古来より行われてきた投資の王道。

時間を味方につけた資産形成法ですね。



ちなみに、私が読んだ中では、
こちらの本がお勧めです。



余計なコストのかからない
インデックスに連動するものを
ひたすら地味にシコシコ購入。


なんの面白みもない地味な投資法ですが
特別なノウハウも、日々のメンテナンスも
必要ありません。


誰にでもできる方法です。




ただ、この方法は
「時間に余裕のある方向け」
です。



日本で購入可能な投資信託の場合、
年に5%程度の利回りが限界なので
資産が育つのに時間がかかります。


年利5%では、資産が倍になるのに
14年もかかりますから・・・。



なので、60歳を過ぎてから始めても、
大きなリターンは期待できません。



そもそも、老後資金の場合には
「増やす」よりも「減らさない」
事が必要なので、より保守的な運用
になります。

年利5%も目指せないわけです。



始めるなら早い方が良いですよ。



積極的な方はさらなる高利回りを求め、
HSBC香港に口座を作るのが流行ですね。

そこから外国籍の投資信託を直接購入すれ
ば年利7~8%運用も夢ではありません。



私も近い将来始めるかもしれません。




ちなみに、現在はこんな投資信託を
保有しています。

・ステートストリート外国株インデックス
・JPMグローバル・CB・オープン’95
・PRU海外債券マーケットパフォーマー
・eMAXIS新興国株式インデックス
・住信グローバルREATインデックス


運用コストが安い物が好きですね。
あとは、配当をなるべく出さないもの。



あっ、配当が多い物はOUTですよ。
税金かかるし、余計なコストもかかります。



また、同じ投資信託でも、証券会社によって
購入時の手数料が違う事があります。



よ~く確認しましょう。



もう一つの柱があるのですが・・・。

これはまた次回に。


今回のお話が少しでも
お役に立てたなら、
ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ





よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ



自己資金を貯めるためにやってはいけない事。

最後の3回目は、過度な節約です。


お金を貯めるために、節約はとても重要です。

だからと言って、やりすぎはいけません。


所で、貴方は独身or既婚のどちらですか?



独身の方。

おめでとうございます。

独身の自由を謳歌し、精一杯節約に励んでください。

不動産取得の道は近いでしょう。



既婚の方。

残念ながら、身近に最大のハードルが待っています。



不動産賃貸業は、一般に「危険なもの」として認識されています。

貴方の配偶者も、そう思っているでしょう。


マイホームならまだしも、アパートなんて危険なものを購入するために、

なぜ節約しなければいけないのか?



説得に苦労する方のお話を良く聞きます。


だからこそ私は、これまでの記事で、「無理なく出来る節約」について

書いてきたつもりです。



・支出をカード払いにしてポイントを取り返す

・保険を見直す

・部屋を片付け不用品を売却

・自分のラテマネーを見直す


これらは、貴方以外の生活習慣を変えずにできますよね。



ですが、旅行・帰省費を削る、食費を減らす、習い事を減らす等など、配偶

者にも負担を強いるような節約は、反発を招く恐れがあります。



配偶者の機嫌を損ねないよう、十分な話し合いと、家事の協力に勤しみま

しょう。



また、過度な節約は、どこかで「リバウンド」します。

「俺は節約しているなぁ」と思わない程度にとどめておきましょう。

節約をしすぎると、何だか惨めな気分になります。


何事もやり過ぎは良くありません。


節約は程々にとどめておくことをお勧めします。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


----------------------------

■お薦め有料商材


競売王


競売に興味はありませんか?


競売は、市価の2~3割引きで物件の取得が出来る可能性を秘めています。

とても魅力的ですよね?


しかも、入札で一番高い金額を提示した人の勝ち。

不動産のプロと素人が、まったく同じ土俵で戦うことが出来ます。



でも、やり方がまったく分からない・・・。


裁判所? 債務者? 占有屋?

何だか物騒なキーワードも沢山出てきて何だか怖そう・・・。



そんな、競売素人の方にも分かりやすく、「競売の極意」を伝授してくれる

教材です。


現在、私もこの教材を参考に、競売に向けて準備を行っております。



競売に興味のある方。


お勧めします。


競売王

よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


自己資金を貯めるためにやってはいけない事。

二つ目は「安易な副業」です。

意外に思われるかもしれませんが、安易に副業を行うと危険です。


貴方の会社では、副業は禁止されていますか?

「YES」という方も多いのではないかと思います。


もし、副業を行っていることが会社にばれたらどうなりますか?


服務規程違反のため厳重注意。

悪くすると減給。

最悪、懲戒解雇に・・・。



これでは、自己資金どころではありませんね。



いきなり大げさな話をしましたが、副業が禁止されている方は、

注意が必要だと思います。



一口に副業と言っても、いろいろとありますね。


例えば、不動産賃貸業。


これは、副業禁止の会社であっても、セーフの場合が多いです。

なぜか?


不動産賃貸業の場合は、相続などでやむを得ず事業を引き継ぐ可能性がある

からです。



次に、就業後のバイト。

会社にバレたら一発退場、完全にアウトですね。

体も疲れますし、よほどの覚悟が無い限りお勧めしません。



では、ネットで稼ぐ系。

手軽に始められるのでお勧めですが、注意は必要です。


例えば、メルマガやブログのアフィリエイト。

記事に会社ネタや、業務上知り得たネタは絶対に書いてはいけません。

日記の延長で、ポロッと書いてしまう事があるので注意しましょう。


例え昼休みでも、会社のPCからメルマガの更新など言語道断です。


また、本名の使用もお勧めしません。

ブログやメルマガの読者を集めるために、FaceBook、ツイッター、mixi等を

連携させて、幅広く読者を集める方法が奨励されていますが、どこかで本名を
使っていると、思わぬところからばれてしまいます。


副業について、同僚にも言わない方が良いでしょう。

嫌な言い方ですが、「誰が会社にチクるか分かりません」。


そして、確定申告の際に、住民税は「普通徴収」に丸をしましょう。

「普通徴収」とは、納税者が直接窓口で納税する方法です。


通常のサラリーマンは、「特別徴収」といって、給与天引きで会社が納税を

代行しています。

貴方の給与明細に、住民税の欄がありますよね?


逆に言うと、「特別徴収」で納税してしまうと、会社はあなたの収入を全て

把握することになり、に副業の収入がバレてしまいます。


「たかがネットの副業で」と侮ってはいけません。


会社にばれると、何かの時に、リストラの材料にされるかもしれませんよ。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


----------------------------


■お勧め有料商材


「日本政策金融公庫 完全攻略レポート」


日本政策金融公庫で融資を引きたい人はいませんか?

無担保、低利での融資が可能です。

物件購入はもちろん、大規模修繕の際の融資としても利用度大!!

私も過去に独学でチャレンジしたのですが・・・、挫折しました。

あぁ、この商材をもっと早く買っていればよかったです。

このページのトップヘ