川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

解体

アスベスト付き木造の壊し方

よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


先日のメルマガにてご紹介した、近所のアスベスト付き木造物件。

今週末で取り壊しが終了しました。


「住○林業」の名前と共に、

「解体工事に伴う石綿(アスベスト)除去工事のお知らせ」

という仰々しいタイトルの、お知らせがポストに投函されたのは

1カ月程前のこと。


取り壊しの際の、アスベストの対策として下記が記載されていました。


・散水による湿潤処置

・シート養生による外部への飛散防止処置

・廃材搬出時、袋詰めまたはシート養生処置

・作業者の呼吸用保護具着用


いったい、どのような工事をするのだろうか?

興味津々で、工事の流れを見守りましたが・・・。




物件周辺に足場を組み、普通の養生シートを張ります。

その後、瓦屋根を手で外します。

普通の瓦(非スレート瓦)なので、ココにはアスベストはありません。


そして、いよいよ本体取り壊し。

飛散防止のために手壊しかと思いきや・・・。



「普通に重機でバリバリ壊しました」



一応水道ホースで、水はかけながらやっていましたが・・・。

お陰で、騒音と、ホコリ臭さに悩まされました。

このホコリにアスベストが混ざっているのでは??



また、猛暑日だったせいか、作業員もマスクをつけているようには

みえませんでした。


最後に、解体した瓦礫を袋に詰め、トラックで運んで終了。



結局、普通の建物解体と同じでしたね。

あの「袋詰め」の手間が、多少価格に乗せられるのかもしれません。

それでも、解体費用が割高になるようには見えません。



実際に請求している費用は知りませんが・・・。



「固形アスベスト」を含む建物の解体については、それほど気にしなくても

大丈夫なのかなぁ?




今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ



木造でもアスベストはあります

よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


我が家の向かいの古屋が解体されるそうで、一通のお知らせがポストに投函

されていました。


タイトルを見ると


「解体工事に伴う石綿(アスベスト)除去工事のお知らせ」


と書かれています。



「木造住宅なのになぜアスベスト??」


疑問に思いましたが、どうやら建材にアスベストが含まれているようです。


アスベスト使用制限義務化は平成18年10月から開始されています。

それより以前の建物の多くに、アスベストが含まれた建材が使われています。
例えば、こんな所に。


・屋根:スレート瓦(カラーベストとかコロニアルという商品名)

・軒下:フレキシブル板、ケイ酸カルシウム板

・外壁:窯業系サイディング

・天井:石綿吸音板(1988年以前)

・台所、風呂:フレキシブル板



対象の物件は、屋根が瓦で外壁がモルタルです。

おそらく、その他の場所に使われているのでしょう。


ただ、建材に使用されるアスベストは「固形アスベスト」と呼ばれ、そのま

までは飛散しないため、比較的安全な建材とされています。

そのまま使う分には、問題ありません。


しかし、破壊する場合には、その断面からアスベストが飛散するため、

”そ~っと”撤去する必要があります。


重機でバリバリ壊してはいけません。



実際、工事のお知らせにも、アスベストの対策が記載されていました。


・散水による湿潤処置

・シート養生による外部への飛散防止処置

・廃材搬出時、袋詰めまたはシート養生処置

・作業者の呼吸用保護具着用


また、書かれていませんが、重機ではなく「手壊し」のはずです。

解体過程を、しっかり確認したいと思います。



上記の通り、解体する際の対策は、飛散性アスベストい比べれば大したこと

がありません。


そのため、解体費用も、それほど高くはならないそうです。



なお、悪い解体業者は、アスベストを含む建材があっても、構わず重機で

バリバリ壊してしまうそうです。


困ったものです。


解体現場には、なるべく近づかない方が良いですね。




そういえば、我が物件は、2棟とも屋根はスレート瓦です。

アスベスト入りは確実だなぁ・・・。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ






解体費用はいくらかかる?

よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


どんなに愛した物件も、いつかお別れの時が来ます。

その時、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?


解体費用は、物件の構造により大きく異なります。

概ね相場は以下の通りだそうです。


・木造:坪あたり3~5万円
・RC:坪当たり5~8万円


ハウスメーカーに頼むと上限に近く、解体専門業者の場合には、下限に近く

なります。


ただ、上記はあくまでも目安であり、実際には解体現場により費用は大きく

変わります。



下記のサイトに、単価と共に施工例が出ています。

全国解体工事坪単価や解体工事費用例もあり、参考になりますよ。


解体のウエノ




<解体費用が高騰するケース>


(1.重機が入れない)


細い私道の奥や隣家との隙間がないなど、重機が使えないケースがあります。
その場合には、「手壊し」と言って、文字通り職人さんが手作業で壊します。
人海戦術になるので費用は2割程度上がるケースもあります。



(2.4t車が横付けできない)


壊した瓦礫はどこかに廃棄しなければなりません。

通常は4t車を使いますが、道が狭く2t車しか横付けできない場合には、

廃棄場への往復が倍になり、費用が高騰します。



(3.重いもの、地下埋設物あり)


庭石、大木、ブロック塀があると費用は高騰します。

6~7mある大木で、1本2万円、1m程度の普通の庭木ならば数千円

だそうです。


中でも一番厄介なのは浄化槽で、100万円単位で費用がかかるケース

もあります。


浄化槽の解体方法には大きく2つあります。


一つは、汚泥を取り除いて底に穴を開け、中身を土で埋めてしまう方法。

浄化槽の大きさにもよりますが、10万円前後で施工可能です。

ただ、上部の土地利用に制約が出てしまいます。



もう一つは、浄化槽を完全に取り出して、設置跡を埋め戻す方法。

土地の利用方法の制約はありませんが、高額になります。

重機が使えない場合には手作業になり、100万円単位の費用が

発生する事もあります。



(4.アスベスト)

木造住宅では、吹き付けアスベストが使われるケースは殆どありませんが、

鉄骨造やRCには、使われている事があります。


除去対象の面積にもよりますが、平米単価は2万円程度かかるようです。

5F建てRCの天井に使われていたら・・・。

それだけで、数百万円がかかりそうですね。


アスベスト調査.COM



なお、木造住宅でも、スレート瓦や内装材などに、アスベストを含む物が

使われている事があります。

こららは「固形化アスベスト」といって、飛散の可能性が低いので、解体費用
は、それほど高くなりません。




今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ


メルマガ登録
メルマガ登録

川崎大家メルマガへの登録は
こちらからお願いします

人気ブログランキング
ブログ村
お問い合わせ
問い合わせ


質問・相談
お気軽にお送りください

当サイトはリンクフリーです
twitter
不動産業者さん
info_zero
  • ライブドアブログ