川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

カテゴリ: コインパーキング

コロナの影響ですっかり低迷している大阪のコインパーキング。
5月にはついに赤字転落。
これは台風被害による看板修理費用がかさんだ2018年9月以来の事でした。

さて、気になる6月の実績は・・・。

売上は、対5月比で24.1%上昇。
黒字復帰!!

いや~、ほっとしましたよ。

3月、4月、5月と、月を追うごとにみるみる売り上げが落ち、この先どうなるのかと心配していました。
ひとまず黒字に復帰できてよかったです。

ただ、対前年同月比でみると、12.4%のマイナス。
改善はしているものの、コロナ以前に比べればまだ売り上げは低迷しています。

人の往来が徐々に平時に近くなってきたとはいえ、外出自粛やテレワーク等により完全には元に戻っていないのでしょう。


実は、私の経営するコインランドリーも、6月は対前年同月比で10%程度のマイナスでした。
知り合いのオーナー達のお店も10%程度のマイナスの店が多かったです。

雨天の日数は前年とほぼ同じなので、天候による影響は少なかったはずです。
そうなると、売上減少の要因として考えられるのはやはり「コロナ」が大きいかと思われます。

こんな感じで、色々な業態で売上減が続いているのかもしれませんね。

心配なのは最近の感染者数増加傾向。
再び世の中自粛モードに戻って行くのは、ある程度仕方がないのでしょう。

でも、今度はそう簡単に緊急事態宣言を出せないであろうことは、なんとなく想像できます。
実際に売上減を目の当たりにすれば、世の中への影響がいかに大きいかをリアルに感じる事ができます。
そして、宣言が解除されても、売り上げがなかなか戻らない事もわかります。

単に「生活が不便になるけど我慢して頑張ろう!!」では済まないんですよね。

もちろん、人命第一なのはわかります。
でも、「命か経済か?」みたいな単純な話にできない所が難しいですね。

本当にヤバくなったら、国の「強権発動」が必要なのかもしれませんが、それに至るまでに如何に個々人が意識するかが最も重要で、「国は何にもしない」とかボヤくのは個人的にはなんだか違和感があります。

例えば、旅行へ出発する日になんとなく体調が悪かったとして、そこで勇気をもってキャンセルできるのか?
みたいな。

GoToキャンペーンにしても、結局使うか否かは個人判断な訳ですし。
こんなこと言うと、「無症状でもうつす可能性ガー」とか言われちゃうんでしょうけどね。

まぁ、タイミングは最悪な気もしますし、今の国や自治体の対応が完ぺきとも思いませんが・・・。


すいません、少々話がそれました。

さて、7月はどうなるのかな?

執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

5月のコインパーキングの状況です。

私のコインパーキングは大阪市にあります。
大阪市は5月22日より緊急事態宣言解除。
人や町が動き出す事で車が動き、コインパーキングも使われるはず。
ようやくコロナの影響も少し和らぐと期待した5月ですが・・・。

結論から言うと久々の単月赤字です(涙)。
台風被害のあった、2018年9月以来ですね。

5月の売上はこんな感じ。

前月比:17%ダウン
前年同月比:25%ダウン

何じゃこりゃ!!

PPPArkというスマホアプリで見る限りでは、周辺にコインパーキングの新規開業は無し。
他のパーキングの価格設定も変化なし。

という事は、やはりコロナの影響でしょうか。

まぁ、例年4月に比べ5月は売り上げが下がるので、前月比ダウンはあまり気にしていませんが(それでも例年よりダウン幅はかなり大きい)、前年同月比がヒドイ。
25%ダウンって・・・。

ちなみに4月は前年同月比19%ダウンでしたから、5月に入りコロナの影響はより深刻になっています。

また、緊急事態制限明けとなる5月22日以降の売上データを見ても、それまでの週と同じような売上で、改善の兆しは見えず・・・。

大丈夫か?

コインランドリーはGW頃から徐々にお客様が戻ってきたように感じますが、コインパーキングは未だ戻らず。
まだ時間がかかりそうですね。

まぁ、時間がかかっても戻ればまだ良いです。
コロナのせいで生活様式や企業の運営方針が変わり、私のコインパーキングに対する需要自体が変わっていない事を祈っています。

というわけで、5月の赤字額は6千円チョット。
先月より管理費が4400円値上げされている事も、赤字拡大に貢献しています。
固定費の上昇は地味に痛いなぁ。

おまけに今月は、通信機器交換代の7万円も控えているし・・・。

また赤字か続く駄目パーキングに逆戻りなのか?

大阪のみなさ~ん、6月は頼むで~。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

私が学生の頃普及したPHS。
通称「ピッチ」と言っていたのが懐かしいですね。
そんなPHSですが、一般向けのサービスは2021年1月31日に終了となるそうです。
イマドキPHSを使う人は少ないでしょうし、私自身も使っていません。
まぁ、自分には関係ないと思っていましたが・・・。

関係が大有りでした(涙)。

PHSや携帯電話の回線は、スマホやガラケーだけで使われているわけではありません。
様々な遠隔監視システムでも、データ通信用回線として利用されているのです。

私の運営するコインパーキングの精算機にも、遠隔監視のシステムが内蔵されており
その通信手段がPHS。
意識しない所で、私もPHSユーザーだったわけです。

この事に気が付いたのはつい数日前。
コインパーキングの管理を委託しているフランチャイズからの電話でした。


PHSサービス停止に伴い、精算機の通信部分の更改が必要です。
3G回線の物に変更するので、費用は7万円で~す。
もう機器は頼んじゃったので、事後承諾のお電話です。
お代は今月の請求と合わせて行うのでヨロピクね♪


もうねぇ、何だろうこの電話を受けた後の脱力感は。

PHSのサービス停止は、時代の流れだからまぁ仕方がない。
でも、交換に7万円もかかるのか?
自分で相見積もり取って探せば、5万円くらいで何とかなるんじゃない?

それもできない、遠隔フランチャイズへのフル委託という呪縛。
先日の管理費値上げと言い、今回の機器交換と言い、金は出すけど手は出せない。
おまけに突然の事後承諾。

契約上FCから抜け出せない仕組みだから適当にあしらわれている感じで、ちょっとムカつきます。
この先どんな出費がやって来るのやら・・・。

まぁ、投資は自己責任ですからね。
安易な話に乗った私が甘かったというわけです。
その分手間はゼロなわけですから。

ちなみに7万円と言えば、この駐車場3~4か月分の手残り額(利益)に相当します。
やっと累積赤字から抜け出したと思いきや、しばらくは逆戻りになりますね。


で、ココからが問題。
折角7万円払ってPHSから3G回線に乗り換えた機器も、2024年1月のサービス終了が宣言されています(ソフトバンクの場合)。

たった4年でまた交換か・・・。
あ~あ。

しかも、3G回線廃止の影響はコインパーキングだけに留まりません。
私が所有するその他の遠隔監視装置と言えば・・・。

「太陽光発電」

3G回線を使っているので、今度はコチラも交換が必要になるでしょう。
自己運営なので、労力をかければ価格はある程度抑えられるかもしれませんが、一カ所当たり数万円の出費にはなるでしょう。
5Gの登場に喜んでばかりもいられないですね。


通信インフラの更改は避けて通れません。
そうでなくても、機械ならいつかは交換の必要が出てきます。

でも、5年前にコインパーキングを開業する際に、その時点で先の見えているPHSを選択するというのは果たして得策だったのか?
私がもう少し知識を持っていれば、少し高くても3G回線の物に変更してもらったかもしれません。

やはり事前の勉強は大事ですね。

投資は自己責任!!


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

4月のコインパーキングの状況です。

私のコインパーキングは学校の近くという立地があってか、例年4月の売り上げが最も高くなります。
万年赤字時代も、4月だけはギリギリ黒字になっていたくらいです。

さて、2020年4月は・・・?


前月比7%ダウン!
前年同月比19%ダウン!!
残念な結果です。

4月の売り上げが3月よりも悪かったのは、開業以来5年弱で初めてです。
そして、前年同月比で2割近い落ち込みも史上初。

近所にライバルのパーキングができた様子もありませんし、どう見てもコロナの影響かと思います。

自粛により人の往来が減れば当然車の往来も減るわけで、駐車場を使う人が少なくなるのは自然な流れですね。

ちなみに、この「前年同月比19%ダウン」という数字は、私のコインランドリーの売上減少幅と同じです。

この「2割減」という数字はただの偶然だと思いますが、日本中で一体どの程度の需要減が起きているのか?

コインランドリーやコインパーキングでさえ売り上げが減るなら、ほかの業種はどれほどのものか?

想像すると恐ろしいですね。
感染予防は大事ですが、経済を回すことも大事な理由がよくわかります。


4月のコインパーキングはではもう一つニュースがありました。

なんと、業務委託費・清掃費値上げ!!
売り上げに対して約5%値上げです。

値上げの理由は人件費の高騰だそうです。
コロナの売上減+経費の高騰というダブルパンチ。
泣きっ面に蜂です。

値上げと言われても、「はいそうですか」としか言えないのは遠隔丸投げ経営の弱み。
FCからの撤退は、パーキングからの撤退を意味します。
せめて、土地オーナーと直接契約であったなら・・・。

何度も言っていますが、やはりコインパーキングは近所(行ける範囲で)の直接経営が望ましいと思います。

こんな4月の状況ですが、お陰様で黒字は確保しています。
2017年当時の万年赤字状態なら目も当てられませんでしたが、経営改善ができていてよかったです。

さて、5月の売り上げはどうなっているでしょう?
良いわけがありませんね(笑)。

期待しないでおきたいと思います。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

3月のコインパーキングの売上が出ました。
一日当りの平均売上で比較をすると、2月に比べ5%のマイナス↓・・・。
これは、開業以来5年間で初めての出来事です。

私のコインパーキングは、例年3月、4月に最も売り上げが高く傾向があります。
2月に比べ、3月は5~15%高くなるのがこれまでの傾向でしたが、今年はまったく逆。
やはりコロナの影響が出ているのかもしれませんね。

コインパーキングに隣接する小学校、高校は3月から臨時休校。
さらに5月6日までの休校延長が決定。
入学式も始業式も延期。
そりゃ人の出入りも無くなりますよね。

人の動きを制限する事が、最も有効なコロナ対策です。
人の動きが少なくなれば、当然車の数も減るわけで、コインパーキングの利用者も減ってしまいます。

実際に利用者が減っているという事は、自粛要請の効果が多少は出ているという事の証左でしょう。
個人的には痛いですが、世の中的には望ましい事なんですよね。

コインパーキングは売上減。
先日の記事で書いたコインランドリーも3月はやや売上減。
私の事業にもコロナの足音がひたひたと迫ってくるのを感じる3月となりました。

しかも、4月に入り感染者はさらに拡大し、ついには緊急事態宣言の発令。
この先どこまで落ちるのか、いつまで続くのか?
真綿で首を絞められるように、ジワジワとした恐怖感があります。
まぁ、飲食店等に比べれば可愛いものですが・・・。

それにしても、太陽光発電はこんな時にも絶好調。
春分の日を超えて発電量はうなぎのぼり。
現実逃避の為に、日々の発電グラフを見てしまいます(笑)。
空に太陽がある限り、抜群の安定感が心強いですね。

やっぱり持つべきものは不動産と太陽光かなぁ。


執筆の励みになるので応援クリックを頂ければ幸いです。

このページのトップヘ