川崎大家のリストラ前に不動産で脱サラした話

不動産経営を足掛かりに脱サラしました。 コインランドリー、事業投資等複数の収入の流れを作りつつ 脱サラ生活を謳歌しています。

タグ:税理士

よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ


イザ、税理士さんを探し始めたのですが、これが中々難しい。


一口に「税理士」と言っても、得意分野があるそうです。

相続だったり、特定の業種だったり。

その中でも、『不動産賃貸業』は、やや特殊な業種のようで、

誰でも精通しているわけではないそうです。


不動産賃貸業のお客さんを多く抱え、沢山の事例を知る税理士さん

にお願いをした方が、的確なアドバイスを頂けるとか。



また、「税理士」にはいろいろなバックボーンがあるそうです。


税務署出身者だったり、会計事務所だったり。

公認会計士にも税理士資格があるなんて知りませんでした。


税務署出身者は、税務署寄りの手堅い納税。

『攻めの節税』は期待できないなんて話も聞きます。


まぁ、国税出身の大物OB税理士だと、税務調査に優位なんて話も

聞きますが、零細不動産大家には関係無い話ですね。



税理士費用もバラバラ。

税理士さん一人の個人経営だと、年間顧問契約30万といわれました。

(年収1000万レベル/20戸未満程度)

一方、規模が大きくなると、半値程度のところもあります。



契約形態もバラバラ。

顧問契約で毎月払い。

申告書作成のみの契約でOKだが、質問の場合は1h/1万円。

申告書作成のみで、随時質問可能。



ホント、わけわからん。


私が税理士さんに求めるポイントは以下の通りです。


・不動産賃貸業に強い

・自宅から近い

・費用が安い

・ちょっとした税に関する質問を、気軽に随時できる

・私の味方になってくれる(攻めの節税)



これを満たす税理士さんを探す方法は・・・。



グーグルで『不動産 税理士』とかで検索すると沢山出てきます。

この中からお願いするのも、一つの方法ですね。

当初はこれをやりました。


でも、実際の所がやはり良く分からない。



そこで頼ったのが、『大家さん仲間の伝』です。

既に税理士さんにお願いをしている方から、実際にお話を聞く事が

できました。

顧客の立場からの意見ですから、これほど確実な物はありません。

やはり、持つべき物は同業者の知り合いですね。

複数の大家さん仲間から、幾つかの税理士さんを教えて頂けました。


各社に出向いて面談し、最後は自分の勘で決定。

お陰さまで、当初の希望に近い税理士さんに、めぐり合う事が出来ました。


今後は、税理士さんを活用し、より足腰の強い不動産賃貸業者へと、

レベルアップしていきたいと思います。



「大家さんの知り合いが居ない人はどうすればよいかって?」

メルマガ、ブログをやっている方に、直接聞いてしまうのも良いでしょう。

ちょっとの勇気で、意外と色々教えてくれますよ。


例えば融資が有名な石渡浩さんのブログ

彼がお願いをしている税理士さんについての記事があります。


不動産に強い税理士さんとして有名な叶温さん

事務所は大阪ですが、もしかしたら、他の地域の知り合いを紹介して

くれるかもしれませんよ。

(私が聞いた事は無いので保証はしません)



もちろん、私でも結構です。

でも、今の税理士さんとお付き合いを始めたばかりなので、

まだ良し悪しは分かりません。

しばらく経ってからの方が、参考となる助言が出来ると思います。




今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ.




よろしければ応援のためにポチッとお願いします  ⇒  人気ブログランキングへ



3号物件の購入により、所有物件が10室を超えました。

「事業的規模」への仲間入りです。


事業的規模といえば、青色申告の65万円控除。

しかし、65万円控除を受けるためには、複式簿記での記帳が必要。

自分でやるのはメンドクサイ。


かといって、税理士さんは費用が何十万円もかかります。

それに見合うほどの売り上げがあるわけでもないし・・・。


「税理士さんはまだいらないかな」。


漠然と、そう考えていました。



そんな時、読者の方からご質問を頂きました。

「事業的規模になったようですが、税理士さんはどうお考えですか?」



正直、痛いところをつかれました。

と同時に、税理士さんについて真面目に考える、キッカケとなりました。


その結果、私は税理士さんをチームに引き入れることになりました。



今となっては、質問を頂いた方に感謝です。

この場を借りてお礼を言いたいと思います。



で、なぜ税理士さんを入れたか。

「節税」や「申告の手間を省く」といった、短期的な事が第一の理由です。


その他、「法人化のタイミング」や「資産の健全化」といった、長期的な

視野に立ったアドバイザーが欲しいというのが、第二の理由です。



不動産事業の拡大を図るためには、融資が必要不可欠です。

融資審査では、持ち込んだ物件の評価が第一ですが、その他資産背景も

考慮されます。


その時、大幅な債務超過であったらどうでしょう。


ノンバンク等で、勢いに任せて多くの物件を買ってしまった後では、

資産の健全化を図るのが大変です。

逆に、資産性の高い物件の売却により、債務超過になる事もありますね。


現状を把握し、購入/売却前にシミュレーションをする必要があります。


これを自分でやるか?



知識とそれを学習する時間、そして実作業時間があれば良いですが・・・。

そんな時間があれば、自分にしか出来ない事をやるべきかと。


法人化の検討や、毎年の納税、節税方法についても然りです。



私は、アウトソースできる事は、金を払っても専門家に任せた方が良いかな

と考えています。



というわけで、早速税理士さんを探し始めたのですが・・・。

次回に続きます。



今回のお話が少しでもお役に立てたなら、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ.




このページのトップヘ